ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

ミシン修理ブログ第68回 JUKI SPUR30SP SL300EX 返し縫レバーがバタバタ動く

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*'ω'*)

 コロナウイルスの影響で、国全体がどんよりしており、

 気を病んでしまいそうです。経済的な影響も大きいですし、

 イベントや外出自体が自粛ムードで、お出かけすら悪いことを

 している気分になります。

 …とはいえ、いつまでも籠っていられませんし、対策・予防をしつつ、

 楽しいことを探すようにします!!(^^)!

 

  さて、今回は同じような修理依頼が立て続けに入ってきたので、

 ご紹介したいと思います。

 JUKI SPUR30SP、SL300EX

 フットコントローラーを踏むと返し縫いレバーが上下にバタバタと

 動いてしまうということです。

 うるさい上に仕事にならないと修理に持って来られました。

 

 今までにこういった例が無かった為、びっくりしましたが、

 油をあまり注されていなかったとのことなので油切れによる故障だろうと思いました。

 油切れにより、返し縫いレバーの中心軸と縫い目の粗さ調節ダイヤルの元部分が

 固くなっているのではないかと思い、油を注して様子を見ましたが全く動きません。

 焼き付いた状態になっている可能性も考え、軽くハンマーで叩いてみましたが変化なしです。

 JUKISL300EX01.JPG

 浸透性の強い油を使い、ハンマーで叩いたりしながら時間をかけて気長にやっていると

 ようやく返し縫いレバーが使える様になりました。

 JUKISL300EX02.JPG

 それと同時に動き自体もスムーズになり、正常といえる段階まで直りました。

 JUKISL300EX03.JPG

 今回のケースは、時々でも油を注して頂けていれば、起こらなかった故障だと考えられます。

 職業用ミシンは、コンピューターミシンと違い、使用説明書に注油する箇所が書いてあります。

 それを見ながら、時々油を注してメンテナンスをして頂ければと思います。

 回転もスムーズになりましすし、音も静かになりますよ(*‘∀‘)

 どうしても分からない、油を注すのが怖いなという方はご来店下さい☆

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第67回 ブラザーコンパルACE・DX 全く動かない

 

 

  こんにちは!もう1月も終わりに近づいていますが、

 あけましておめでとうございます!

 今年も1年、またよろしくお願い致します。

 例年に比べ、寒い日が少なく暖かいですね(*'ω'*)

 それでも冷え込む日はあるので体調管理などしっかりしていきたいと思います。

 

 さて、今回はブラザーコンパルACE・DXの修理依頼です。

 ミシンが全く動かないということで持ち込まれました。

 持ち込まれた際に電源を入れて動かしてみると動いたので

 端子の接触不良かカーボンブラシの消耗だろうと思い、お預かりしました。

 

 全て分解掃除、洗浄をして組み込み、動かそうとスイッチを入れてみると

 ピクリとも動きません。持ち込まれた際にたまたま動いただけだったようです。

 電子制御ボックスをあちこちつついてみても、瞬間的に動くだけで、その後は

 また動かなくなってしまいます。

 この状態では駄目だと思い、お客様にお電話で状況をお伝えしました。

 酷くガッカリされたご様子でしたので、少し日数を頂き、

 当店にある同じタイプのミシン5台(部品取り用)を良いとこどりして組み立ててみることにしました。

 ブラザーコンパルACEDX01.JPG

 2台ほど制御ボックスが使えるものがあったので、組み換えてみると、

 スプリングの止め部分が劣化していたり…大変なことはありましたが何とか完成しました。

 ブラザーコンパルACEDX02.JPG

 出来上がったことをお伝えすると大変喜んで頂けました。お話をお聞きすると、

 結婚した時にお母様が持たせてくれたもので捨てられなかったとのこと。

 当店のことは「友達から聞いて知りました」ということでした。

 通常はあまりこういう仕事はしませんが、喜んでいただけて本当に良かったなと思います!(^^)!


 

年末年始休業のお知らせ

 

 

みなさん、こんにちは。

あっという間に年末ですね。

一週間、一年の早さに毎年変わりなく驚いている私です。

 

当店の年末年始休業は以下の通りになります。

 

令和元年12月30日(月)~令和2年1月3日(金)

令和2年1月4日(土)より通常営業致します。

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第66回 ブラザー 職業用ミシン 押え上げの上下が出来ない 自動糸切りが使えない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*'ω'*)

 11月ですね。あっという間に年末が来て、年が明けそうです。

 今から少しずつ、家の大掃除、普段しない部分の掃除を

 していかなければ…と思います。

 インフルエンザや風邪もまだまだ流行っています。

 温度差が激しいと体調を崩しやすいので気を付けていきましょう!

 

  さて、今回は、ブラザーTAT7603職業用ミシンです。

 仕事で使用されているとのことですが、「膝押え上げレバーで

 押えを上げ下げ出来ない、自動糸切りが使用できない」と修理に持って来られました。

 

 分解してみると、レバーを抜けにくくする為に使用している板バネの取付ネジのところから

 押え上げレバーが入る筒状のパイプ部分にかけて亀裂が入り、大きく広がっています。

 それが原因で膝押え上げレバーが機能しなくなっていたようです。

 パイプの亀裂が広がらない様に12㎜のパイプ径より厚いパイプを加工して通せば

 何とかなりそうだと思ったのですが、作成するとなると費用も掛かりますし、

 メーカーに部品は残っていないとのことでした。

 

 そこで考えたのが、12㎜のナットを使用して内径を加工し、押えレバーの

 中にいれて割れ目が広がらない様にすることです。これなら安上がりで

 いいのではないかと思い、さっそく試してみました。 

 結果は上々だったのですが、ミシンを動かして使っているとレバーが落ちてしまい、

 ストレスになってしまうとのことで更に改善することにしました。

 TAT760301.JPG

 ナットにタップでネジ穴を開け、抜け止めを作ってみましたが、ナットの大きさが問題で

 底板に当たって不具合が起きます。そこで、ナットを本体の底板に当たらないように

 かなり削って、ストッパーにネジを取り付け、OKとなりました。

 

 自動糸切りは、調べてみると、電磁石が弱くなっています。その為、磁極から外す時の

 スプリングが強すぎて、電磁石が金具をひきつけられないのが原因でした。

 こちらはもう寿命なので電磁石を交換しなけれなならないのですが、メーカーに

 部品が無いとのこと。強すぎるスプリングを外すことで自動糸切りが使える様になりました。

 TAT760302.JPG

 「自動糸切りは使えなくても鋏で切れば大丈夫ですよ」と、お客様にお伝えして

 納得して頂いた上で納品しました。毎日お仕事で使っておられるので、

 効率面などを考えた上で、買い替えのお話も少しさせていただきました。

 TAT760303.JPG

 直るミシンもあれば、寿命・部品の関係で直らないミシンもあります。

 修理代が高額になる場合や修理しても壊れる可能性のある場合は、

 買い替えも視野に入れてお話をさせて頂いたりしています。

 このミシン直るかな?買い替えが必要?など何でもお気軽にお電話下さいね(*'ω'*)

 

 

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第65回 JUKI e60 電源が全く入らない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 10月に入り、大分涼しくなってきましたね。昼間は暑いときもありますが、

 朝晩は冷え込むことも多く、体調不良になる方が増えているようです。

 インフルエンザも流行っているという噂ですので、しっかりと対策をして

 元気にがんばりましょう!(^O^)/

 

  さて、今回は当店でウェーブロックBL69WJを購入されたお客様からの修理依頼です。

 「ここで買ったミシンではないのですが、見てもらえますか?」とJUKIのe60を

 持って来られました。スイッチを入れてもウンともスンとも言わず、電気も全くつかない状態です。

 かなりよく使われているらしく、釜の中なども埃だらけでした。

 

 最初は、コードが断線しているのかと思い、底板を外してコードリールを取り出し、テスターで

 計ってみましたが正常です。プラグのところが接触不良なのかと思い、調べてみても

 こちらも正常です。急いで縫われているものがあるという事で、当店のミシンを貸し出して

 使っていただくことにしました。購入されてから一度も調整されていないとのことでしたので、

 分解掃除・清掃も兼ねて、オーバーホールをすることになりました。

 

 分解してみると、針部上部のクランク等に糸が巻きついています。このようなことが原因で

 大きな負荷がかかり、基板に取り付けてあるヒューズが飛んでしまったのではないかと思い、

 さらに分解すると、やはりヒューズが飛んでしまっている状態でした。

 JUKIe6002.JPG

 JUKIe6001.JPG

 ヒューズを入れ替えると、ミシンの操作パネルに電気は入りましたがランプは点灯しません。

 よく見ると、電球のフィラメントが切れています。ランプは寿命だったようで、

 15wの夏目球に付け替えOKとなりました。

 内部・外部、全て清掃し、外せる部品は外して水洗いして乾燥させました。

 その後、ミシンに注油し、グリスの必要な所はグリスを塗り、

 全てを組み込んで、縫いテストをして完成となりました。

    JUKIe6003.JPG

 お客様は、新品を買わないといけないと思っておられたようで、大変喜んで頂けました!(^^)!

 

 同じような症状でお困りの方、その他、ミシンに関するご相談など、お気軽にお電話下さいね(*'ω'*)

 

 

ミシン修理ブログ第64回 JUKI HZL50Z、HL676 糸を拾わない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 雨続きの天気から一変して、暑さが舞い戻ってきましたね

 急に暑くなったり、涼しくなったりと体調を崩しやすいので

 気を引き締めていきたいと思います。夏風邪は長引くので特に注意ですね!

 

  さて、今回はJUKIのHZL-50Z、HL676の2台です。

 糸を拾わない、変な音がするということで、同時期に修理依頼が入りました。

 両方とも釜駆動ギヤの割れではないかと思い分解すると、やはり2台とも割れています。

 かなり無理をしたのではないかと思い、お客様にお聞きすると、

 「そんなに厚い物を縫った覚えは無い気がするけれど、以前はジーンズや帆布を

 縫っていたから、そのせいかな?」とのこと。

 ミシンはプラスチックと鉄の加工品なので、古くなってくると、

 プラスチックが劣化してきて割れやすくなることはあります。これは仕方のないことです。

 

 HZL-50ZとHL676を分解して、下軸のシャフトを本体から外し、釜駆動ギヤを

 交換しようとしましたが、カムの所のピンがサビていて抜けません。何をしても抜けないので

 電気ドリルでピンの所に穴を開けてピンを交換し、ギヤを交換しなければなりません。

 ピン径は2㎜くらいなので、1.5㎜Φ径のドリルを使用しましたが、ドリルが折れたり、

 抜けなかったりでとても大変でした。

 HZL-50Z01.JPG

 それでも何とかピンを抜き、釜駆動ギヤも交換しました。

 修理の場合は、新品を組むのとは違い、錆ついていたり、変形していたりと

 かなり手間がかかります。また、組む時に布送りと針の動くタイミングや針と釜のタイミング、

 すき間なども合わせるのが重要なポイントになります。

 HZL-50Z02.JPG

 それらすべてを調整しないと、針が下がっているのに布を送ろうとしたり、

 目が飛ぶなどの不具合が出て来ます。

 その為、下のシャフトを本体から外すと調整がとても大変なのです。

 最後に縫いテストをして、今回の修理は完成となりました。

 HZL-50Z03.JPG

 同じような症状の方やミシンでお困りのことがある方はお気軽にお電話下さい(*'ω'*)

 

お盆休みのお知らせ

 

 

 

当店のお盆休みは下記の通りとなります。

 

令和元年8月13日(火)~8月15日(木) 

 

8月16日(金)より、通常営業致します

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第63回 ベビーロック 糸取物語 糸が通らない

 

 

  皆さん、こんにちは!スタッフです(^^)/

 毎日、厳しい暑さが続いておりますが、体調崩されていませんか?

 熱中症患者の数が多く、恐怖を感じております。

 特に!普段からあまり水分を取らない方は要注意です!

 積極的に水分・塩分・ミネラルを補給し、夏野菜をしっかり食べて

 暑さに負けず、夏を乗り切りましょう!(*'ω'*)

 

  さて、今回はまた遠方(滋賀県)の方からのご依頼です。

 ベビーロック 糸取物語BL-660FEXが、パイプを連結してエアーポンプを動かしても

 糸が通らないとお電話がありました。お話をお聞きすると、

 空気は流れているが下ルーパーの糸が途中で詰まってしまい、

 最後まで綺麗に糸が通らないとのこと。簡単なつまりであれば、付属のワイヤーを

 糸の差込口から差し込んで通して貰えば取れますよとお伝えしましたが、

 途中でワイヤーが止まってしまい入って行かず、ご主人のギターの弦で試してみても

 やはり無理とのことでした。

 その状態では、分解して下ルーパーを取り外してから修理しないといけないと判断し、

 送って頂くことにしました。

 

 翌日の午前中にはロックミシンが届きました。試合用の衣装を作っており、お急ぎとのこと

 でしたので、すぐに修理に取り掛かりました。

 分解してみると、やはり下ルーパーとエアーパイプの連結部のゴムチューブ部分に

 赤いウーリー糸の結び目が団子状に固まって出て来ました。

 BL066FEX01.JPG

 それを取り除き、再度ルーパー部を慎重に組み立て、試しにエアーパイプを連結して

 糸を通してみました。勢いよく糸が飛び出し、OKとなりました。

 BL-660FEX02.JPG

 しかし、下ルーパーを分解したので、上ルーパーとのタイミングと針のタイミング、

 針とルーパーの隙間調整などをきちんとしないと目飛びしてしまいますので、

 それもきちんと調整しました。また、ミシン内部清掃、グリスやオイルの注油なども

 しっかりとした上で試運転し、完成です。

 BL-660FEX03.JPG

 届いたその日の夕方には無事宅配業者さんに持ち込むことが出来ました。

 お客様にご連絡すると、大変喜んで頂けたので良かったと思います(*'ω'*)

 部品の交換も必要なかったので、運送料含め一万円程での仕上がりとなりました!

 同じような症状でお困りの方、ミシンの修理をどこへ頼んだらいいのかわからない方など

 お気軽にお電話ください!(^^)!

 持ち込みの場合、その場で直ることもあります♪

 

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第62回 エルナプレス EP33 電気が入らない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 梅雨に入ってもあまり雨が降っていませんでしたが、

 最近ようやく梅雨らしい感じになりましたね

 畑の水やりが少なくて済むのでとても助かっています(笑)

 ただ,土日は気分的にも晴れて欲しいですね

 

 さて、今月もまたまたエルナプレスです(*^-^*)

 人気ですね、エルナプレスは(*‘∀‘)重宝している方が多いのでしょうね♪

 今回は、アイロン中に煙が出てきて、すぐに電気を切ったが、

 もう一度電気を入れても煙が出てきて、その後電気が入らなかったとのこと。

 

 多分、何度も電気を入れておられるので、電子基板を焼いて使用できなく

 なっているのではないかと心配していましたが、

 分解してみると、案の定基板の1/4程が焼けてしまっています。

 エルナEP3301.JPG

 基盤を外して裏面から電線をつないで組み込みましたが、他の電子部品も

 熱や過大電流が流れたらしく、駄目になっています。

 おまけにアイロン部のサーモスタットもショートした状態で

 調整をするのに時間が掛かってしまいました。

 エルナEP3302.JPG

 同じような電子部品を探して基板を作成するよりは、

 原始的な発想を使い、基板や電子部品を使わず、サーモスタットのところに

 289度の温度ヒューズを組み込むことにしました。

 今回のような過大電流が流れた時に火災にならない様に8Aから10Aの

 ヒューズを使うことにしました。

 

 今迄、ヒーターを使って熱くするエルナプレスに、何故温度ヒューズや

 電流用のヒューズが使われていないのか疑問に思っていました。

 大きな電流が流れると電子基板が壊れるから不必要だと欧米の方は

 考えられたのでしょうか…?

 日本人的な発想からすると、大きな電流が流れても危険ですし、

 ましてサーモスタットが壊れても火災になるので

 温度ヒューズは必要だと思うのですが…

 エルナEP3303.JPG

 とにかく、その2つのヒューズを組み込んで、サーモスタットに

 電気が流れている間はネオン球が点灯するようにしました。

 温度調節器は、実際に布地を挟んで実験をしながら調整したので

 かなり時間を要しましたが、快適にアイロンプレスがかけられるように

 なり、完成です!

 エルナEP3304.JPG

 温度調節器の方でも電流が切れる様にしました。

 エルナプレスでも新しいタイプのEP43などは、サーモスタットが

 取り付けられておらず、電子制御で温度調節をしているので

 このやり方だと修理できないだろうなと考えています

 

 

 

ミシン修理ブログ第61回 エルナプレス2000 EP-43 熱くならない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです

 6月に入りましたね。田植えも終わり、梅雨に入ったかなと

 思ったのですがいいお天気が続いていますね!(^^)!

 洗濯物は乾いてくれるので助かっていますが、多少の雨は必要です(笑)

 ちょうどよく雨も降り、野菜やお米がぐんぐん育ってくれるといいなと思います。

 

 さて、今回の修理ブログは、何度も登場しているエルナプレスです!

 コンセントを繋げると電源及び布の種類を示すランプがすべて点滅してプレス面が

 熱くならないので修理して欲しいと連絡がありました。

 20年程前前のエルナプレスですが、基盤不良が考えられます。

 代理店があって電子基板が手に入るのなら簡単なのですが、20年前の商品となると

 電子基板は恐らく、もう在庫が無いだろうと考えられます。

 30~40年前のエルナプレスと違って、かなりハイテクになっています。

 すべて分解して、基板のハンダ付け不良の箇所や部品、点検しても

 1ヶ、1ヶは特別な不良箇所は見つけられません。

 ひょっとしたらアイロン部の不良なのかも知れないと思い、

 ヒーター部も分解してみました。

 EP4301.JPG

 この頃からエルナプレスはサーモスタットを使用しておらず、電子制御になっていますが

 これも問題なさそうです。すべて分解して分かったことですが、

 エルナプレスのヒーター部は素晴らしいです。

 最近、エルナプレスの類似品がネットで3万円台で売られていて、

 「2回ほど使ったら壊れた。修理して欲しい」とご依頼もあるのですが

 それは購入した先へ修理を依頼して下さいと全てお断りしています。

 理由は、1年以内の故障なのでメーカー保証が付いていることと、

 修理部品は販売先で安易に手に入ると思われるからです。

 

 エルナプレスが30年~40年と使い続けられるのは、プレス面全面に

 均等に電熱線が張り巡らされており、

 この部分だけでもかなりお金がかかっていると思われるからです。

 さすが、精密機械の国スイス製ですね。

 EP4302.JPG

 コネクターなどの金属面接合部は全て磨いてはめ込み、電線は20本ほど

 帯状になっているコードもしっかりとはめ込みました。

 試運転してみると、正常に熱くなりますし、ヒーター部の熱さも

 正常に動作します。しかし、電子部品の不調も考えられますので、

 数日間テスト運転して、再度分解組み立てテスト運転し、お客様の元へお送り致しました。

 EP4303.JPG

 今回のように不良箇所が断定できない故障が一番厄介です。

 毎日ヒーターで熱せられて、また冷えてという繰り返しで

 金属端子に酸化被膜が出来たのが原因で通電不良になったのではないかと考えています。

 

 現在、他県から、エルナプレスの修理がたくさん入ってきております。

 直せるもの、直せないものもありますが、同じ症状の方、

 お困りの方が居ましたら、お気軽にお電話下さい。

 他県からお掛けになる場合は、フリーダイヤルが通じない為、

 お手数ですが、直接店舗の電話番号におかけください。