ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

ミシン修理ブログ第22回 リッカ-マイティB3 全く動かない

 

  皆さん、こんにちは!スタッフです♪

 早いもので2月ですね~(*^-^*)

 この間、Happy New Year!って

 言ってたような気がしますが…。

 一日の早さ、一年の早さに恐怖を感じるこの頃です(笑)

 

  さて、今月は、リッカ-マイティB3の修理依頼です。

 ミシンが全く動かないということで、持って来られました。

 このミシンは1982年製で、34年ほど前に作られたミシンです。

 当時としては、良く出来たミシンで、

 電子のお針箱マイティと宣伝され、今でもよく目にします。

 

  針が折れて、糸が釜に絡んでから、全く動かなくなったとのこと。

 その前から時々、何かの拍子に針が動かなくなることが

 あったそうです。

 今のミシンと違って、工業用の釜とボビンケースを

 使用しています。だから、釜に折れた針が喰い込んだか、

 もしくは糸の喰い込みだろうと考え、釜を分解してみると、

 糸が喰い込んでいました。

 糸の喰い込み取り除き、釜を組んで運転してみると、

 ガツンと音がして、その後全く動かなくなりました。

 リッカ-マイティB302.JPG  リッカ-マイティB301.JPG 

 よく見てみると、針棒の上につけてある位置決めブロックの

 ネジが緩んで、針棒の上下の動きを邪魔しています。

 時々動かなくなっていたのは、糸通し器の位置決めブロックが緩んで、

 ミシン本体の一部に当たっていた為でしょう。

 リッカ-マイティB303.JPG

 糸通し器もきちんと使えるようになり、ミシンも軽快な運転音となりました。

 「いつ、ガツンといって動かなくなるか。」

 そんなひやひやしながらのソーイングはストレスが溜まりますし、

 直せなくなるような故障につながります。

 完全に動かなくなるまで使わずに、おかしいなという状況に

 なったら、早めに修理に持ってきてくださいね(*^-^*)

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第21回 シンガーヌイヌイ6212C 目がとぶ 針が折れる

 

  皆様、あけましておめでとうございます!

  本年もよろしくお願い致します。

 

  おはようございます!スタッフです!

 この辺の地域は、雪も滅多に降らない上、そこまで寒さも厳しくないので

 暖冬ともなれば、厚めの冬服が出番なしの状態です。

 その為、冬仕様の可愛いコートもまだクローゼットの中です(笑)

 とはいえ、一応冬なので風は冷たく、薄着をしていては

 風邪を引いてしまいます。

 ノロウイルスも出たりしているので、皆様も気を付けて下さいね。

 

 さて、今回は、シンガーヌイヌイ6212C、

 30年くらい前のミシンの修理依頼です。

 「縫っていると目が飛んだり、針がおれたりするので

 見てほしい」と持って来られました。

 

 分解してみると、ギヤー駆動ではなく、ベルト駆動になっています。

 多分ベルトが緩んで、遊びが多くなり、そういうことに

 なったのではないかと思い、ベルトを張って、

 針と釜のタイミングを調整し、糸をかけて、縫ってみました。

 最初は良かったのですが、しばらく縫っていると、

 針が大釜の底に当たって折れてしまいます。

 シンガー621202.JPG

 おかしいことがあるものだと思い、

 「ネジが緩んでいるところがあるのか?」

 「ひび割れているところはないか?」

 「ベルトの山の欠けがあるのか?」詳細に調べても見つかりません。

 一旦中止して、他の仕事をしてから、翌日再度挑戦してみました。

 シンガー621203.JPG

 すると、ベルトの元の方の大きいプーリーのネジが

 しっかりと締まっていなくて、少しずつ動いていたようです。

 見た目は全く問題ないように見えていましたが、

 長年の間に少しずつ緩んでいたのでしょう。

 再度、タイミングを合わせて縫ってみて、OKとなりました。

 シンガー621201.JPG

 今回は、見た目で、「ネジは締まっている」と思い込み、

 疑わなかったところに原因がありました。

 念には念を入れ、確実な仕事をしなければ駄目だと

 痛感致しました。

 

 

 

年末年始休業のお知らせ

 

 

 

 *年末年始の休業日についてのお知らせ*

 

 H27年12月30日~H28年1月3日 

 

 H28年1月4日からは通常営業致します。

 

 

ミシン修理ブログ第20回 ジャガーベルベットⅡ 動かない

 

 みなさん、こんにちは!

 お元気ですか?スタッフです(*^-^*)

 寒くなりましたね~

 気が付けば12月!クリスマスや大晦日など

 イベントの多い12月は創作意欲も湧いて、

 ミシンが大活躍です♪

 入園・入学準備に取り掛かる方の来店もあり、

 入園グッズ作りに取り組んでおります(*'ω'*)

 

  さて!今回も前回に引き続き、

 職業用ミシンの修理依頼です。

 メーカーはジャガー、機種はベルベットⅡ

 職業用ミシンとしては今時珍しいジグザグ縫いが出来る、

 20~30年前のミシンです。

 

 電球は点灯するが、全く動かないとのことで

 点検してみると、モーターが悪いようです。

 直流モーターだったので、中の電球部品を外して、

 YDKの交流モーター・フットコントローラーセットを

 交換して組み立てました。

 ジャガーベルベットⅡ01.JPG

 これで完成と思って回してみると、

 ジグザグが思うように縫えません。

 ジグザグの仕方の説明を受けないで購入された様子で

 「針板を交換してもすぐに折れるので、ジグザグは

 使ったことがない。」とのことでした。

 そのため、中が固まってしまったようです。

 ジャガーベルベットⅡ02.JPG

 ジグザグ縫いする時、針が布から抜けて、

 針板の上面にかなり上がってから

 水平方向に移動すればいいのですが、

 布にささっている間に移動し始めていました。

 それが原因で針が折れていたようです。

 その部分も調整して完成となりました。

 ジャガーベルベットⅡ03.JPG

 安いミシンもありますが、元は、とても高価なものです。

 さらに言えば、思い出の詰まったものでもあります。

 その為、壊れてしまっても捨てることが出来ない方も多いです。

 壊れた、縫えないと思っていても直ることがあります。

 せっかく高いお金を出して買ったミシンです。

 諦めず、修理に出してみて下さいね♪

 電話でのお問い合わせも気軽に!

 大切なミシン、直るかもしれませんよ(*^-^*)

 

 

ニュースレター発送しました(*^-^*)

 

 時間をかけて制作していたニュースレター秋号を

 発送いたしました♪

 大体の方の手元には届いているかと思います(*'ω'*)

 

 秋号は、冬に向けて…ということもあり、

 湯あがり美人を紹介させて頂きました♪

 寒い時期、疲れた後のお風呂は格別ですが、

 掃除が大変…家族で入る時間がバラバラ…

 その他、お風呂の事で色々と

 お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

 実は私の家、祖父母は入るのが早く、私たち家族が

 入るのは何時間も後…という状態です(´;ω;`)

 そんなお悩みにこれ!良いですよ~ということで

 ババーン!と紹介してみました(笑)

 

 その他、店長だより、わくわく通信など盛りだくさんなので

 ぜひ楽しんで読んでいただけると嬉しいです♪

 店頭にも置いていますので興味のある方は、

 ふらりと立ち寄ってみて下さい(*^-^*)

 

ミシン修理ブログ第19回 JUKI SP98H プーリーが動かない

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです♪

 今年の秋は、暖かかったり、寒かったりと

 風邪を引きやすい天候ですね(;´・ω・)

 昼間は暑いくらいの日もあるのに、

 朝晩の冷え込みには、ブルっとします( ;∀;)泣

 また、この時期定番とも言えるインフルエンザや

 ノロウイルスなども流行って来たりと

 マスク着用が常時になりました。

 予防接種なども受けて、しっかりと対策をしたいですね(*^-^*)

 

  さて、今回の修理は、JUKIの職業用ミシンSP98Hのご依頼です。

 プーリーを手で回しても針が全く動かないが、

 電気を入れるとモーター音はするとのこと。

 「大釜へ糸が喰い込んだか、針先が折れて喰い込んだか…」と

 思い、中釜の回り止めを外してみても、全く動きません。

 

 いろいろ話を聞いてみると、

 ①海の近くに家がある

 ②時々漁具を修理することがある

 ③ここ1年近く使用していなかった

 ということだったので、多分、錆付による固着ではないかと考え

 各クランク等に油を差してみましたが特に問題はありません。

 針棒とメタルの錆付固着だと考えて浸透潤滑剤を吹き付けても

 全く駄目、軽く針棒を叩いても全く駄目でした。

 

 結局、針棒とメタル軸受を一緒に抜いて、ミシン本体から外し、

 最悪の場合は針棒とメタル軸受を交換するつもりで、

 試しにプレス。これで駄目ならバーナーで焼いて急冷し、

 ひずみ取りをして組んでみるかと思いつつ、

 プレスで針棒の中が空洞にいるので、変形しないよう慎重に

 圧力をかける部分をひっくり返しながら抜いてみました。

 なんとか変形しないで抜くことが出来ました。

 JUKI SP98H02.JPG  JUKI SP98H03.JPG

 固着していた部分をサンドペーパー等で研磨し、油を塗布して

 あとは組み立ててみるだけと思いながら組んでみると、

 微妙に中心線が合っていないのか、動きません。

 上・下の針棒の動くメタルスリーブを研磨しながら

 現物合わせで組み立てました。 

 やっとOKとなり完成です!

 JUKI SP98H01.JPG

 潮風の吹く地域の皆様、塩水に濡れた布などは、

 よく乾燥させてミシンにかけるか、ミシンを使用した後は

 油等を塗布しておいてくださいね♪

 今回のケースは珍しいので掲載させて頂きました。

 

 

 

ミシン修理ブログ第18回 ジャノメ セシオEXⅢ 電源が入らない

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです☆

 早いもので10月です。

 朝晩が肌寒く、日中との気温差で風邪を引いて

 しまいました。この時期は風邪を引きやすいので

 みなさんも気を付けて下さい。

 

  さて、今回の修理は、ジャノメセシオEXⅢのご依頼です。

 2003年に30万円ほど出して購入した刺しゅう機付の

 ミシンになります。

 

  症状をお伺いすると、全く電源が入らないとのこと。

 いろいろとお話をしたところ、よくミシンを使われる方で

 最近、縫っている時に回り方が重く、、プーリーを

 手で回しても重いなぁと感じておられたそうです。

 急にググーっと音がして止まり、全く動かなくなったと

 思っていると、電気が消え、電源も入らなくなったとのこと。

 

 他店に持っていき、修理を依頼したら、

 「これはジャノメミシンの直営店で売っているミシンで、

 福山や尾道にはジャノメの直営店はないし、部品もない。

 仮にメーカーに送っても送料も入れて4~5万掛かるから

 新しいのを買いなさい」と言われたそうです。

 定年退職する時に買った思い出のあるミシンなので

 諦めらえれずにいたら、ミシンを買った時の営業さんの

 名刺が出てきて、電話すると、当店を教えてもらい、

 すぐに電話した。とのことでした。

 

  訪問して、いろいろお話をしてみたところ、

 多分シャフトや軸受の油分が無くなって、焼き付いたような

 状態で回らなくなり、3.15Aのヒューズがとんで、電源が

 入らなくなったのではないかと思いました。

 そのため、分解して修理をする必要があるので、

 持ち帰らせて頂きました。

 ジャノメセシオEXⅢ01.JPG

  まず、分解をして、ヒューズを交換し、電源が入るかどうか

 確かめました。無事電源が入ったので、他も分解し、

 シャフトの焼き付き固着を修理したのち、試し縫いを行い、

 OKとなりました。

 ジャノメセシオEXⅢ02.JPG

 ジャノメセシオEXⅢ03.JPG

 急いでおられたので、夜の間に修理を終わらせ、

 翌日のお昼前に納品することが出来ました。

 お届けに上がると、「多分直らないだろうな」と

 心配しておられたそうで、安いミシンを買おうか

 娘さんと相談されていたそうです。

 修理代も、

 「こんな価格で直して貰っていいんですか?」

 と、逆に心配されてしまいました(笑)

 

 コンピューター基板や液晶画面でなければ、

 部品も取り揃えていますので、

 お気軽にご相談下さい♪

 

 

ニュースレター作成中です!

 

  長く空いてしまいましたが、

  ニュースレターを作成しています!

 

  今月も盛りだくさんでお届けできるように

  いろいろと考えています(*^-^*)

  お届けは10月半ばか後半になりそうですが、

  楽しみにしていただけると嬉しいです♪

 

  出来上がったものは店舗にも置く予定です☆

 

  2015925152542.png

ミシン修理ブログ第17回 自動糸通しが出来ない 糸調子が変わる ダマになる

 

  こんにちは~!スタッフです♪

 夏が過ぎ、過ごしやすい秋がやってきましたね☆

 といっても、雨が降ったりして、中々スッキリした秋晴れは

 続きませんが…。(;´・ω・)稲刈りが終わっているところも

 あるようですが、私の家は10月の終わりごろの予定です(笑)

 食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋…と色々ありますが

 私は食欲と読書!ですね(笑) みなさんは、どんな秋ですか?

 

  さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は、

 JUKI Jureve010の修理のご依頼です。

 まず、自動糸通しが出来ないという事と、縫っていて糸調子が

 とれない事、さらに下糸がぐちゃぐちゃとダマになる時もあるし

 縫っている時に糸調子が変わる時があるので、

 どうにもならないということでした。

 急いでいるものがあるということだったので、

 当店のJureve010Sを

 貸し出して使っていただくことにしました。

 

  お預かりして分解してみると、糸通しする時、

 上糸の面板のところで糸を切るカッターが無くなって

 糸が切れず、切った糸を保持しておく爪が

 ゆるんでいました。

 あとは、内釜に針で傷をつけてしまっていたところが深く、

 傷を取り切れなかったので、内釜はメーカーに注文して

 取り寄せ、組みました。

  JUKI Jureve0101.JPG

  JUKI Jureve0102.JPG

  毎日よく使われる方なので、綿ぼこりがミシンの内部に、

 ビックリするほど溜まっていました。

 刺しゅうの出来る高価なミシンなので、時々点検に出して、

 掃除と注油をしてもらうといいですね。

 音もビックリするほど、静かになり、なめらかな運転音と

 快適な縫い心地にご満足のご様子でした。

 JUKI Jureve0103.JPG

  長く快適に使っていただくためには、点検・掃除をすることが

 とても大切です。また、ミシンを長く使わないというのも故障の原因に

 なったりします。なので、定期的にミシンを使っていただくことをお勧めします。

 

ミシン修理ブログ第16回 JUKI HZL7000 縫えない

 

  みなさま、こんにちは!スタッフです。

 夏も終盤になり、ちらほら学校に行く子を見かけます。

 課題に追われている子も多いのかなぁと、自分の学生時代を

 振り返ったりしました(笑)

 

  今回は、JUKIのザ・ミシンシリーズのHZL7000の修理依頼です。

 「お友達に貸したら縫えなくなって返ってきた。友達には言えないしねぇ~」と

 言いながら持って来られました。

 

  診てみると、全般的に回転も重いし、油切れのような感じがしました。

 今まで注油をして貰ったことがあるか、お話を聞くと、購入してから一回も

 診てもらったことがないということだったので、分解調整・注油等も含めて

 オーバーホールをおすすめしました。

 

 針もいくらか曲がっているようにも思えるので、ハリも交換して、釜にも注油しました。

 自動糸切りの切刃のところにガッチリと糸が玉になっていたり、釜の回り止めのところにも

 糸の塊が詰まっていて、糸がスムーズに抜けない状況でした。

 さらに糸がシャフトに絡みついていて回転も重くなっていました。

 JUKI HZL70001.JPG

  工業用の釜は油分が無くなると回らなくなるので、時々注油する必要があります。

 又、シャフトの軸受けやクランク軸にも注油しなければなりません。

 長期間、ホコリまみれにしていると、ホコリに油分が吸い取られてしまうので、

 時々綿ボコリも取り除いた方がベターです。

 JUKI HZL70002.JPG

 糸調子も、今迄は縫っていても下糸の方へぶつぶつが出来て縫い目が汚かったのが

 「修理した後は、音も軽やかになって縫い目も凄く綺麗で嬉しい!」と喜んでいただけました。

 JUKI HZL70003.JPG

  今回は、簡単な修理(分解掃除・注油)でしたが、縫い目も音もこんなに変わるなんて…と

 お客様はビックリされていました。

 ちょっとしたことが、不調の原因になったりします。

 定期的に点検・調整・掃除をすることで、長く快適にお使いいただけるかなぁと思います♪