ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

ミシン修理ブログ第29回 ベビーロックあこ~でおん ロックをかけると止まる

 

  みなさま、こんにちは!スタッフです!

 まだまだ暑い日はありますが、

 朝晩は冷え込んできましたね(;´・ω・)

 日中との温度差で風邪をひいてしまった方を

 何人もお見掛けしました。

 上着を持って外出するなどの

 寒さ対策をして、風邪をひかないように

 気を付けたいと思います!

 

  さて、今回はベビーロックあこ~でおんBL3-438DFです。

 ロックミシンを動かすと、すぐに動かなくなる、

 少し時間を置くと動くが、10~15cm程ロックをかけると

 止まってしまう。ということで修理依頼がありました。

 

 買った当初から、30cm程ロックをかけると、

 動きが悪くなり、ロックがかけられなくなっていたとのこと。

 購入したお店に持ち込んでも、

 「新品だからそんな事はない。使い方が悪い。」と、

 相手にして貰えず、使わないまま20年程経ったそうです。

 最近、洋裁教室に通い始めた為、ロックミシンが

 必要になり、教室の先生に話すと、当店を教えて貰ったので、

 持ち込んだとのことでした。

 

  お預かりして、電源を入れ、フットコントローラーを

 踏んで見ると、油切れもあり、少し回転させると

 プーリーが動かなくなります。

 これは、水平送りロッドのリングと内側の送り駆動カムとの

 材質が違うことにより、回転する際の熱膨張の度合が異なる為、

 動かなくなる現象です。

 BL3-438DF02.JPG

 精密に作られているので、制作する時の公差が少ないと

 試作中の製品や新製品などの工作機械では

 たまにあります。

 その時は、現物合わせで研磨加工して直します。

 それと同じで、分解して、リングの内面を研磨加工し、

 オイルやグリスを注入して組み込みました。

 BL3-438DF01.JPG

  糸調子ダイヤルの表示板も中のOリングが切れて

 表示されていなかったので、少し太めの水道用Oリングと

 交換し組み立てました。

 

 運転してみると、快調!音も低くなり、縫い目も綺麗です。

 さすがMADE IN JAPANという感じです。

 BL3-438DF03.JPG

  お客様は、「古いし、買ったお店で相手にして貰えなかったから、

 多分、買いなさいと言われるだろう。」と思っておられたようです。

 お客様自身も試運転してロックをかけると、

 「あんなミシンでも直っちゃった!儲かっちゃった!」と

 興奮気味に喜んでおられました。

 

 お客様に喜んでいただけて、私も嬉しかったです!

 

 

 

修理についてのお知らせ2

 

  みなさま、こんにちは!

 スタッフです!台風が過ぎましたね~

 私の住んでいる地域は、ほとんど被害もなく済んで

 ホッとしている所です(^^)

 

 さて、前回、

 修理の中止についてのお知らせを更新致しました。

 現在、徐々に再開しております。

 お待たせすることもあるかと思いますが、

 ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

 

 なお、修理受付は通常通り行っております。

 お電話でのお問い合わせも通常通り行っていますので

 お気軽にご利用ください。

 お客様からのお電話、ご来店お待ちしております。

 

 

(重要)修理についてのお知らせ

 

 みなさま。こんにちは!スタッフです

 9月になり、朝晩が大分涼しくなりましたね♪

 季節の変わり目、体調を崩しやすいので

 気を付けていきたいと思います(*'ω'*)

 

 さて、本日は修理についてのお知らせです。

 個人的な事情により、現在、修理を中止しております。

 修理完了までお時間を頂く形となっておりますので、

 ご了承頂けた場合のみ、受付・お預かりを

 させて頂いております。

 

 ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、

 よろしくお願い申し上げます。

 

 なお、修理再開はH28年9月17日以降

 予定しております。

 (*多少前後する可能性があります。)

 

テントが新しくなりました!

 

  こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 もう少しでお盆ですね~

 定番ですが、お盆休みは普段行けれない地域のお墓参りに行き、

 しっかりと掃除をして帰りたいと思います!

 

  さて、タイトルにもありますように、

 この度、テントが新しくなりました♪

 ボロボロ、つぎはぎだらけでしたが、

 新品!赤い素敵なテントになりました!

 

 テント.JPG

 

 本日、名前を入れる作業をして頂いています!

 店名が入れば、完成です!ワクワクしますね(*'ω'*)

 近くにお越しの際は、ぜひ新しくなったテントを見に来て下さいね♪

 

ミシン修理ブログ第28回 ブラザーPC4000、9000 釜に糸が絡まる

 

  みなさん、こんには!スタッフです!今日から8月ということで、夏本番ですね~♪

 冷たいものが欲しくなりますが、

 冷たい物の食べ過ぎ・飲みすぎには注意ですね(^^)

 さすがに常温でというのは出来そうにないので

 一気に飲まないというのを気を付けたいなぁと思っています!

 

 さて、今回の修理ブログは、ブラザーPC4000.9000です。

 PC4000は通常縫いで、PC9000は文字縫い等が出来て、

 自動糸切りが付いているコンピューターミシンです。

 

 PC4000は、釜に糸が絡まる、

 PC9000は、自動糸切りが全くできず、糸が釜に絡まることがある

 ということで持って来られました。

 

 両方とも似たデザインのミシンで、4000、6000、8000、9000とあります。

 4000は糸切りのないミシンで、6000以上は自動糸切りが付いています。

 また8000と9000は文字縫いなどが出来る高級機種です。

 

 分解してみると、4000も9000も内釜に針の傷が

 かなり付いています。4000の方は、ヤスリで取れないほど、

 傷が大きかった為、内釜を交換しました。

 ブラザーPC4000.9000(01).JPG

 9000は、傷をヤスリで削って何とかOKです。糸切りの部分は、

 カッターが切れなくなっていたところに糸がいっぱい固まり、

 詰まってしまったような状態でした。糸を取り除き、

 切刃も交換したかったのですが、カッターの刃が無かった為、

 研磨して取り付けました。これで9000もOKです。

 ブラザーPC4000.9000(02).JPG

 あとは上糸と下糸の調整をし、オイルとグリスを注入して完成!

 ブラザーPC4000.9000(03).JPG

 ミシンの調子が悪い時は、無理をしないで、早めにご相談下さい。

 大釜の中に、糸屑やホコリがいっぱいになると、

 大釜から内釜が浮いている状態になります。すると、内釜の

 回り止めが効かなくなり、内釜が針で傷付けられます。

 今回修理に持って来られたお二人は、よく使用される方で、

 ミシンの中が綿ホコリでいっぱいでした。

 時々、釜の中も掃除されると良いですね。

 早めのお手入れが、ミシンを長持ちさせ、料金も安上がりです!

 

 

 

お盆休みのお知らせ

 

 みなさま、こんにちは。スタッフです!

 毎日暑いですね~(;´・ω・)

 学生さんは夏休み真っ只中ということで、

 毎日楽しそうな声が聞こえます(笑)

 海にプールに花火…と夏はイベントがいっぱいですね♪

 

  さて、本題です!

 誠に勝手ながら下記日程が当店のお盆休みとなります。

 平成28年8月13日(土)~平成28年8月16日(火) 

 平成28年8月17日(水)より、通常営業致します。

 期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

ミシン修理ブログ第27回 シンガーApricot9700 直線縫い ギャザーが寄る

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです

 まだ7月初めだというのに暑いですね~(;´・ω・)

 毎日30度超えで、エアコンが必須になってきました。

 熱中症になる方も増えているので、

 水分補給をしっかりするなどの対策をして、

 元気に夏を乗り切りたいですね(*'ω'*)☆

 

  さて、今回は、シンガーApricot9700の修理依頼です。

 自動糸調子なのに、直線縫いをするとギャザーが寄ってしまい、

 どうにもならないということで持ち込まれました。

 

 多分、糸送りローラーのところに糸が絡まって糸調子が

 悪くなっているのではないか?と考え、

 上カバーを開けてみましたが、見えません。

 プーリーを手で回してみると、動きが重く、

 このままではいずれ針が上下運動しなくなるので、

 オーバーホールをお勧めしました。

 

 分解してみると、シャフトや軸受部に油分が少なく、

 回転も重いので、全部に油を差しました。

 シンガーapricot970001.JPG

 回転が滑らかになったところで、ローラーの部分を

 分解してみると、ぎっしりと糸が絡み、巻き込んでいます。

 やはり原因は、これだったようです。

 シンガーapricot970002.JPG

 その部分の糸を取り除いて、組み直しますと、

 バッチリ!ミシンも軽快な音になりました。

 また、糸切りのタイミングが少し狂っており、

 上手く切れなくなっていたので、

 タイミングを調整し直し、OKとなりました。

 シンガーapricot970003.JPG

 コンピューターの糸調子は、電子ミシンの上糸調整器と違い、

 糸調子皿がないので、ご家庭では調整することが困難です。

 こんな時は、早めにミシン屋さんへ修理に出されることをお勧めします。

ミシン修理ブログ第26回 ベビーロック 衣縫人 針が折れる

 

  みなさま、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 6月になり、雨の日が増えましたね~

 気温も高く、じめじめと気持ちが悪い…(;´・ω・)

 しかし、田んぼが干上がっては困るので

 恵の雨でもあり、気分は複雑です(笑)

 まだ6月と思っていたら、あっという間に夏になりそうですね~

 

  さて、今回はベビーロックの衣縫人 4本ロックの修理依頼です。

 4本糸で布を縫っていたら、生地によって針が折れる、3本糸に

 しても同様に、針が布押えや針板にあたって折れてしまう、

 ということで持ち込まれました。

 購入してから長い間、油も注していないとのことでしたので

 お預かりして分解調整修理をすることになりました。

 

 分解してみると、油分もなく、プーリーの回転も重くなっています。

 清掃して、オイルやグリスを注入しました。

 また、針留金具と針留リンクを連結する針留リンクピンが

 摩耗してガタついています。

 長い間そのままの状態で使用されていた為、穴も広がり、

 ピンが異常摩耗していたようです。

 縫っている時、通常は、針がしっかり固定されているので

 上下に動きます。しかし、ピンが異常摩耗したことにより、

 針が固定されず、前後左右に動いていた為、

 針板やルーパー・布押えなどに当たって、折れていたのです。

 ベビーロック衣縫人01.JPG

 本来なら、そこの部分を全部、部品交換して組み立てるのですが

 お客様が急いでおられるので、針留リンクピンのオーバーサイズを

 作成して打ち込み、固定しました。

 ベビーロック衣縫人02.JPG

 実は、この方法、私が若い頃、建設機械の修理をしていた時に

 使っていたものです。ブルドーザーの足廻り(キャタピラー部)の

 トラックリンクのピンとブッシュが摩耗し、ガタついて走れなくなった時、

 元のピンとブッシュを抜いて、新しくオーバーサイズのものを圧入して修理します。

 これをミシンの修理に応用して使いました。

 この方法は、価格的にも安く、修理期間も短く出来ます。

 

 試運転してみると、ガタつきもなくなり、音も静かになりました。

 縫い目もバッチリです!

 ベビーロック衣縫人03.JPG

 お客様も、相当修理代が掛かるだろうと思っておられたようですが

 予想されていた金額の半分以下だったのと、

 翌日には修理が終わり、全く仕事に支障がなく使えるということで

 喜んでいただけました。

 「もっと早く持ってきていれば、イライラすることなく、

 いい仕事が出来たのに…」と笑っておられました。

 

 無事にミシンをお渡しすることが出来てよかったです♪

 同じような症状の方やミシンでお困りの方、

 購入から修理まで、何でもお気軽にご相談下さいね(*'ω'*)

 

 *水素水関連商品も扱っていますので、

  興味がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第25回 ジャノメ コンビDX 糸が切れる 目がとぶ 針が折れる

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです。

 過ごしやすい季節になりましたね(*^-^*)

 私の家では箱苗を済ませ、田植えに向けた準備をしています。

 雨も多少は降らなければいけませんが、

 やはり快晴の方が心も体も軽いような気がします♪

 

  さて、今回は、28年前のジャノメコンビDXの修理依頼です。

 5センチ程縫うと、新しい糸なのにすぐ切れる、

 目とびもするし、針も折れるということで持って来られました。

 このミシンは、1台2役、2本ロックと普通縫いが

 切り替えできるので当時は大変人気がありました。

 

 すぐに直せるだろうと思い、お客様と一緒に糸切れする原因を探しました。

 針板に深い傷があるのでは?と思い、針板を外して点検しましたが

 異常ありません。次に、糸が弱いのでは?と思い、

 糸を引っ張ってみましたが大丈夫です。

 糸の通り道に傷があるのでは?と思い点検しても

 こちらも問題ありません。

 ひょっとして針を逆につけたり、工業用の針を間違って

 つけておられるのではないかと点検しても異常ありません。

 釜と針の隙間は少し広そうですが、針が折れるような問題点はなく…。

 もっと詳しく調べないと原因がつかめないので

 お預かりして分解し、調べてみました。

 

 目視では見逃していましたが、針先の先端の位置が

 大釜の正規位置まで降りてきません。

 また、釜の剣先が針についている糸を下死点まで下がらないうちに

 拾っていました。これが原因です。

 ジャノメコンビDX.JPG ジャノメコンビDX02.JPG

 針が糸を拾ってからまだ少し下に下がるので、糸取バネが

 うまく機能せず、糸が弛んでしまって、天秤から外れ、

 うまく縫えなかったのでしょう。

 お客様は忘れておられましたが、多分ジーンズなどの段差のある

 所を勢いよく縫われて、針棒の高さが狂ったのだろうと思います。

 

 針棒を正規の高さで取付け、針と釜の隙間、

 針と釜の剣先の糸の拾い具合を調整して組み立て

 OKとなりました。

 ミシンのガチャガチャ音もしなくなり、会長な縫い音となりました。

 ジャノメコンビDX03.JPG ジャノメコンビDX04.JPG

 同じような症状の方、ミシンの調子がおかしい方、

 お気軽にお問い合わせ下さい(*'ω'*)

 

発送しました(*'ω'*)

 

 みなさん、こんにちは!

 昨日の雨・風が嘘のような天気ですね(笑)

 毎日こんな日が続いてくれたらなぁと

 少し思ったりしています。

 

 さて、長らくお待たせしてしまっていたニュースレターの

 発送が完了しました!

 すでにお手元に届いているお客様もいらっしゃると思います。

 今回は、話題の水素水の中から新しい商品をご紹介しています☆

 最後まで目を通して頂けると嬉しいです♪

 店舗にも置いていますので、気軽にお立ちより下さい(*'ω'*)