ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

ミシン修理ブログ第41回 JUKI HZL-500 まっすぐ縫えない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです!(^^)!

 暑い日も少なくなり、秋を感じるようになりました

 畑の野菜も収穫時期になり、新しく白菜や大根、ホウレンソウの

 種を植えたりもしました。

 体調を崩しやすい時期なので、気を付けていきたいですね。

 

  今回は、JUKI HZL-500の修理です。

 直線を縫っても左に大きくカーブして、まっすぐに縫えないので、

 何とかしてほしい、下糸が巻けないので直してほしいとの依頼でした。

 続けて2台、同じような内容で修理が入ってきました。

 

 お話をお伺いすると、直線をまっすぐ縫おうと布を押さえると、しわになり、

 軽く押さえていただけでは、布が左へ左へと曲がって縫いづらくて仕方ないとのこと。

 買ったときからそんな感じだったと言われていました。

 28年前、結婚する時に親から買ってもらったもので、今まではあまり使う機会がなく、

 眠っていたそうです。しかし、最近、縫うことが再々あり、形見なので、

 直せるなら直してほしいとのことでした。

 

 お預かりして、分解し、針板の上に出ている送り歯を見ると、

 左右で歯の出方が違い、左の方が下がっています。

 この状態で布を送っていくと、当然左へ左へと布が流れてしまいます。

 

 送り歯の裏面をグラインダー掛けし、針板と平行に削っていく方法もありますが、

 大変なので、送り歯を外して、送り歯取付台のネジ穴の所から

 左側に薄い金属板を重ね合わせて取付け、送り歯取付ネジを締めました。

 こうすると、高さ調整は容易に出来ます。

 JUKI HZL-5001.JPG

 送り歯取付台にシムを取り付けて、高さが左右一定になったら、

 送り歯高さ調節ネジを弛め、送り歯が針板に当たらない様に下方に下げて

 締め付けます。

 これで試運転してみると、布から手を離して縫っても左に曲がらず、

 まっすぐ縫えました。

 JUKI HZL-5002.JPG

 下糸がうまく巻けなかったのは、下糸巻ゴム輪がいびつにすり減っていたからです。

 なので、ゴム輪を新しいものと交換して終了です。

 あとは、各部へ注油して、グリスが必要な所はグリスを塗布して完成です。

 JUKI HZL-5003.JPG

 

 ミシンの調子がおかしい、上手く縫えないなど、

 困ったことがありましたら、気軽にお電話ください。

 フリーダイヤル 0120-344-038

 お電話で解決する場合もあります(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第40回 JUKI Flora5000 全く動かない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです。

 台風が過ぎ去り、真夏日が戻ってきました。

 早いもので、夏休みも中盤に入り、今週からお盆休みという方も

 多いのではないでしょうか。

 島根では最高気温が39度を超えたと聞きました(;´・ω・)

 熱中症患者もドンドン増えており、恐怖すら感じています。

 夏はイベントが沢山あって、わくわくしますし、羽目を外しがちですが

 体調管理を怠らず、しっかり睡眠をとって、楽しく過ごしたいですね♪

 

 

  さて、今回記念すべき第40回の修理ブログは、JUKI Flora(フローラ)5000です。

 37年前のミシンですが、昭和58年4月に「月刊 消費者」で高い評価を受けたミシンで

 今でも愛用されている方が多く、ちょくちょく修理に持って来られます。

  今回のお客様は、「お友達の紹介で、こちらのお店を知りました」とお電話を頂きました。

 スイッチを入れ、スタートボタンを押すと、モーター音はするけれど、

 全く動かない状態とのこと。家まで修理に来てほしいということでしたので、

 訪問させて頂きました。

 

 いろいろ症状などを聞きながら分解してみると、モーターベルトがすり減って空転しています。

 ちょうど合うモーターベルトを持って行っていなかったので、

 持ち帰り、1日お預かりさせていただくことにしました。

 お客様から、「直るならついでに分解掃除をして、オーバーホールして貰いたいのですが、

 もう部品が無いから直せないと聞きました。本当に直りますか?」との質問がありましたが、

 「このモーターベルトは市販されているMB-380のベルトを使えば大丈夫ですし、

 直りますよ」とお伝えすると、「よかった」と安心されたようでした。

 

 持ち帰って、再度分解し、ベルトを交換しました。

 Flora50001.JPG

 ベルトを交換するためには、ステッチ切り替えダイヤルや

 縫い目の長さ切り替えダイヤルなどを取り外さないといけません。

 これが結構作業で時間が掛かります。あとは、購入されてから全く油を注したことが

 無いとのことだったので、各部へ、油やグリスを注入しながら、

 上糸調整器なども再調整して組み込みました。

 Flora50002.JPG

 試運転してみると、音も静かで、軽やかな動きです。

 

 Flora50003.JPG

 

 翌日、納品すると、「こんなに綺麗になって、音も静かで嬉しい!」と大喜びされていました。

 喜んでいただけて、私もとてもうれしいです。

 

 ミシンでお困りの方は、遠慮なくお問い合わせください。

 お電話だけで直る場合もあります。

 フリーダイヤル 0120-344-038(広島・岡山)

 TEL:084-934-4002

 

 

 

 

 

 

(重要)お盆休み変更のお知らせ

 

 

  みなさま、こんにちは。スタッフです。

 

  前回更新しました、お盆休みの日程が変更になりました。

 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。

 前回更新の記事の内容を一部変更しておりますので、

 改めてご確認して頂けたらと思います。

 

 当店のお盆休みは、

 H29年8月13日(日)からH29年8月16日(水)までとなっております。

 何かご不明な点等ありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

お盆休みのお知らせ

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです!

 毎日、暑い日が続いておりますが、体調など崩されていませんか?

 私は早々に夏バテになってしまい、中々に辛い日々を過ごしました。

 先週は、尾道の花火大会もあり、夏というものを肌だけではなく、目や耳で感じました。

 また、平日でも、朝から子どもたちの楽しそうな声が響いており、

 ビニールプールで遊ぶ姿、庭や道路をかけまわる姿に、少し元気をもらっています(笑)

 

  さて、本題ですが、当店のお盆休みについてのお知らせです。

 当店では、下記の日程がお盆休みとなります。

 H29年8月13日(日)~H29年8月16日(水)

 期間中は、ご不便をおかけすると思いますが、何卒ご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

 なお、H29年8月17日(木)からは通常営業致します。

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第39回 ブラザー PS15e 糸をすくわない、前に進まない

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです。

 7月に入り、グンと暑くなりましたね(;´・ω・)

 家や職場では、エアコンが必須になっております。

 実際、部屋の中でも熱中症、脱水症状にはなるので、

 しっかりと水分をとり、室温も調整して、気を付けていきたいですね♪

 

  さて、早いもので、修理ブログも39回を迎えました。

 少しでも、皆さんのお役に立てる記事になっていればと思います。

 

  今回は、ブラザーPS15e の修理依頼です。

 40代くらいの奥様が、「安物のミシンでも、修理してもらえますか?」と

 恐る恐るお店に持って来られました。

 お話をお聞きすると、当店へ来られる前に、

 他店様の「修理代500円」という広告を見て、修理をお願いし、自宅へ来てもらったそうです。

 

 ところが、「通販で購入した安物のミシンは、修理するように作っていないし、

 20~30万円のミシンと同じように修理代がかかるので高くつく。買い替えた方が

 絶対にお得ですよ。」と購入を進められたとのこと。

 それでも、「母親が購入したミシンだから直してほしい」と再度頼むと、

 「部品が手に入らないので」と言って帰ってしまわれたそうです。

 その後、友達から当店の事を聞き、来店されたとのことでした。

 

 故障内容をお聞きすると、

 糸をすくわない、前へ進まず、バックしかしないという状態。

 当店では、500円や1000円で、修理することはできないという事を伝え、

 分解して修理する場合の大体の金額をお話しました。 

 そして、納得して頂いた上で、お預かりしました。

 

 分解してみると、前進後進の切り替え駒の油が固まり、

 動かなくなっているのが原因でした。切り替え駒を分解し、

 固着したところを掃除して、油を塗り、組み込みました。

 ブラザーPS15e02.JPG

 下糸を拾わなくなっていたのは、針棒抱き止めネジの

 緩みが原因でした。アルミの材質に、直に穴をあけ、ヘリサートを入れて

 ネジを切っているため、固く締めすぎると、ヘリサートが抜けてしまったり、

 割れてしまいます。その為、ほどほどの締め付け力で締めており、

 緩むことがままあります。ここが、二重、三重と、組み込んであれば強いのですが…。

 ブラザーPS15e01.JPG

 最後に糸通し器の調整をして、試し縫いをすると、

 ニット地では目飛びしてしまいます。針と大釜の隙間を調整して、

 再度試し縫いをし、OKとなりました。

 ブラザーPS15e03.JPG

 引き渡し時に、お客様とお話をしました。

 「電話をして、自宅まで訪問し、500円で修理します。というのは、

 ガソリン代(出張費)、修理代、全て込みで500円ということです。

 まともな商売では大赤字になってしまいます。社員さんの給料も出せませんし、

 裏に何かある、おかしいと感じなければなりません。10年ほど前に、

 そういうやり方で商売をし、業務停止処分を受けて70社ほどのミシン屋さんが

 倒産しました」と。

 未だに、そういう手口で、ミシンを販売している業者さんがあるというのは、

 同業者として、とても恥ずかしい話です。

ミシン修理ブログ第38回 ブラザーPC8000、6000 糸通し器 使えない 下糸巻きが出来ない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 無事田植えも終わり、ひと段落された方も多いのでは

 ないかと思います。私の家でも無事田植えが終わりました。

 本来であれば梅雨の時期ですが、思った以上に雨は降らず、

 なんとなく過ごしやすい日が続いていますね!

 梅雨も必要ですが、やはり晴れの日が続くのはうれしいですね(笑)

 

  さて、今回は、ブラザーPC8000、PC6000の修理です。

 このタイプの機種は、「糸通し器が使えなくなった」、「下糸巻きができない」

 ということで、よく修理依頼が来ます。

 今回は、90歳位のお客様で、「購入したお店が無くなり、市販の糸通し器で

 糸を通しているが中々通らず困っている」とのことで、訪問しました。

 

 原因は、針を上死点に上げずに、適当にガチャガチャと糸通しをしてしまったこと。

 これにより、フックの元が潰れて壊れしまい、糸通しが出来なくなっていました。

 

 糸通し器は、針を上死点に上げた状態で一気に下に下げた時、フックが

 針穴を通ることで糸通しが出来る様になっています。

 これを分解して組み込む時、少し注意が必要です。

 ⑴ 外す時は、糸通しレバーを下まで下げ、フックを回転させた状態で

   糸ガイド(組)を下方に押して外します。

 ⑵ 新しい糸通し器をフック(組)と糸ガイド(組)の溝が一致するように合わせて

   糸通しについている仮止め部材を下からはめ込みます。

   仮止め部材で位置を固定するとはめ込み作業が簡単にできます。

 ⑶ 糸通し器はピンとカム溝がきちんとはまるように注意しながら押し込みます。

 慣れないとブラザーの糸通し器交換は難しいです。

  ブラザーPC8000,6000.JPG

  交換して、糸通しをしてみると、OKでした。また、お客様に、

 針の糸通しをする時は、上下停針ボタンを押して、針が一番上に来ていることを

 確認してから糸通しをしていただくように説明をして、何度か練習をして頂きました。

 

  早い段階であれば、フックが曲がっていて入らないだけの場合があります。

 このような時はフックの先端の曲がりを修正するだけで直りますので、

 糸がうまく通らないなぁと思ったら、無理やりガチャガチャとしてしまう前に

 持って来て頂くか、お電話いただければと思います。

 

 またこのPC8000、PC6000は、下糸巻きゴム輪が、以前に比べて

 細く小さいので、下糸を巻き終わった後も回しっぱなしにしていると

 ゴムがすれて、使えなくなってしまいます。

 又、一時、他の機種で、下糸巻きゴム輪が溶けて使えなくなるという

 不良品が出回りましたが、私の経験では、PC8000、PC6000については

 そのようなことはなかったと思います。

  ブラザーPC8000,600002.JPG

 今回は、10年くらい使いっぱなしで、油も注しておらず、埃だらけでしたので、

 分解掃除もしてほしいということで、持ち帰って修理させて頂きました。

  ブラザーPC8000,600003.JPG

 

 

 

ミシン修理ブログ第37回 ブラザーFX2000 ステッチ選択ダイヤル 表示したものが縫えない

 

 

  皆様、こんにちは!スタッフです(^^)/

 5月の連休も過ぎ、ほっと一息という方も

 多いのではないでしょうか。

 皆様は、GWどのようにお過ごしになられましたか?

 私は家の用事を済ませ、農作業に勤しんでおりました(笑)

 この時期は、晴れたり雨が降ったりと、天気の変動が激しく、

 また気温差も大きいので体調を崩さないようにしていきたいですね(*'ω'*)

 

  さて、今回の修理ブログは、ブラザーFX2000です。

 この機種は、プロフィールと同じタイプです。

 ステッチ選択ダイヤルを回しても、表示されているステッチとは

 違う縫い模様になり、使用することが出来ないと修理依頼がありました。

 購入したお店に持って行っても、「年数がたっていてメーカーに部品在庫がない」

 と言われ、新規購入を進められたとのこと。

 しかし、子どもの事で何かとお金が必要なので、ミシンは持ち帰り、

 友達に教えてもらって当店へ来店されたそうです。

 

 「もし、プラスチックギヤーが粉々に割れていたら、直せませんよ」

 と、一言お断りしてから、分解してみると、

 ステッチダイヤルを回す中間のプラスチックギヤーが割れて

 ネジ止めしても効かなくなっていました。

 幸い、バラバラになっていなかったので、ボンドで固めて、

 外周を細い針金で巻き、力がかかっても割れない様にネジ止めをしました。

 そして、ステッチとステッチダイヤルの絵柄が一致するように調整し、

 組み立てました。

 ブラザーFX20002.JPG

 試運転してみると、直線・ジグザグ等のステッチは上手く出ますが、

 三重縫いやふちかがり等のステッチになると、

 中の模様切り換え機構の動きが悪く、正規の位置に収まりません。

 

 おそらく、長期間、直線しか使っておられなかった為、油やゴミなどが

 固まって、動きが鈍くなり、動かなくなったのでしょう。

 そこの箇所の錆や油などを取り除いて綺麗にして、再度動かしてみました。

 ブラザーFX20001.JPG

 今度は上手くいきました。これで全部のステッチがステッチダイヤルと

 同じように縫えるようになりました。完成です。

 ブラザーFX20003.JPG

 電子ミシンの場合、コンピューターと違って、ステッチの切り替えは

 中の模様のカム軸を動かして切り換えるので、負荷がかかります。

 その為、プラスチックのギヤーを使用していると、

 その部分が劣化して割れてきます。

 そうなると、今回のような状態になるのです。

 補強が効く場合はいいのですが、ボロボロになると、

 そこのギヤーを補強することが出来なくなります。

 ブラザーさんの部品保持期間は、他のメーカーさんよりも

 短いため、早めに修理に出してくださいね。

 

 

 

 

 

GW休業のお知らせ

 

 

  皆様、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 朝晩はまだまだ冷え込んでおりますが、昼間は暖かく過ごしやすいですね。

 一日、一日が本当に早く、もうGWか…なんて思っております(笑)

 皆様は、GWにどんな予定を立てておられますか?♪

 私は日頃出来ずに溜まっている掃除とハンドメイドに

 費やそうかな~と思い、ちまちまとですが計画を練っております。

 せっかくのお休みなので普段できないことをしたり、好きな事に当てたり、

 充実したお休みにしたいですよね(*'ω'*)

 

  さて、本題です。

 誠に勝手ながら、下記日程が当店のGW休業となります。

 H29年5月3日(水)~H29年5月5日(金) 

 H29年5月6日(土)より通常営業致します。

 期間中はご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

 

ミシン修理ブログ第36回 番外編(2) エルナプレス 修理

 

 

  皆様、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 4月中旬も過ぎ、きれいな桜が葉桜へと変わっています。

 桜は咲いてる期間はとても短いですが、

 力強く、満開に花を咲かせる姿には元気を貰えます

 桜の時期は、あと少しですが、しっかりとパワーを貰いたいと思います(笑)

 

  さて、今回は修理ブログ第32回で書きました、番外編の番外編です。

 東京にお住いの主婦の方から、「修理ブログを見ました。私のエルナプレスも

 直して頂きたいので送ってもいいですか?」というお電話を頂きました。

 スイス製 アイロンプレッサー エルナプレスが壊れたので、修理してくれる所を

 探していたら、たまたま当店の修理ブログ番外編(1)を見つけられたそうです。

 

 お話をお聞きすると、購入した伊勢丹でも同じような商品を今は扱っておらず、

 修理も出来ないと言われ、いろんな電気店に問い合わせても同じ返事ばかりで

 全く無理とのこと。「30年近く重宝して使っていたので、エルナプレスがないと

 生活に困るんです」と大変切実なお電話でした。

 

 「ミシンと違って、どんな部品が必要になるかわからない上に、

 国産で似た部品が手に入るかわからないので、直せるとは

 言い切れませんが一応やってみましょう」とお引き受けしました。

 翌日、ヤマト運輸の家財引っ越し便で送って来られました。

 

 30年ほど前のエルナプレスとお聞きしていたので、相当改造するように

 なるかもしれない…と思いながら分解してみると、アイロンシューの熱で

 スイッチが劣化し、全く使い物にならない状態でした。

 アイロンシューの温度調節器は、アイロンシューの裏側の中心から

 外れた場所の上部に取り付けてあり、熱の影響を受けにくいので

 多分大丈夫だろうと思い、テスターで抵抗値の変化を調べると正常です。

 変化するという事は、奥の発熱部分であるニクロム線も断線していない

 という事になりますから、これは直せると確信しました。

 

 前回修理したアイロンプレッサーは仕事で使用されていたので、

 熱の受け方も壊れ方も酷く、重傷の状態でしたが、今回のお客様は、

 家事で使用されており、大切に使われていたので、交換する部品も

 少なくて済みそうです。また、かなり安く、納期も早く届けられそうである

 ということをご連絡すると喜んで頂けました。

 

 前回は修理マニュアルも図面も無かったので、

 手探りの状態で大変でした。

 しかし今回は前回修理した時の経験と改造するための設計図も

 図面で残してあり、スプリングも大丈夫だったので

 かなり楽でした。 やはり何事も経験ですね。

 

 次回、このお客様のアイロンプレッサーが故障した際、

 近くの電気店に持って行っても修理できるようにと、

 スイッチはパナソニック製の屋内配線用スイッチを使用し、

 大容量の電気が流れてもコードが熱を持たない様に

 屋内配線用の心線を使用しました。

 エルナプレス01.JPG

 また、今まではスイッチ類が内部のニクロム線の熱を

 受けやすい位置に取り付けてありましたので、外部に変え、

 指先で押しやすい位置にねじ止めで取り付けました。

 

 この位置なら、ほとんどアイロンシューの熱を受けませんし、

 美観的にも違和感がありません。

 またアイロンシューのプレスを受ける台もスポンジでは

 熱でボロボロになfるので、前回同様、木の台の上に

 3㎜厚のコルククラフトを敷きました。

 台を交換する必要がある時には、ネジを取り外せるように

 ネジ穴の所に12㎜径のポンチでコルクを抜き、

 針やピンなどで抜き取れるようにして、コルクを埋め込みました。

 エルナプレス02.JPG

 お客様から「セーフティロックが解除しにくく、

 レバーを動かせなくなる状況があったので、それも直してほしい」

 という要望があったので、セーフティロックが穴の中心線の位置に

 スライドするように調整しました。

 

 改造修理が終了したので、試運転でスイッチを入れ通電してみると

 サーモスタットも異常なく、実際にタオルやTシャツ・ズボン等も

 プレスしてみると、アイロンをかけた時のようなテカリもなく、

 簡単に短時間で綺麗にプレスできました。

 これで完成です。

 エルナプレス03.JPG

 後日、お客様から、「完璧な修理で感激しています。」と

 わざわざ高価なお菓子とお礼状をいただきました。

 私の方こそ、お客様に喜んでもらえて、すごく嬉しかったです。

 

 前回、仕事で使っている方のファッションプレスをお受けした時は

 自分でも直せる自信がなく、試行錯誤を繰り返しての修理だったので

 使えるようにするだけで精一杯でした。しかし、今回は、

 さらにもっと使い易く、見た目にも美しく、という点にも配慮した改造修理となり

 私も久々の頭の体操をしているようで楽しかったです。

 

 

ミシン修理ブログ第35回 ブラザーレナージュ 動かない

 

 

  みなさま、こんにちは!スタッフです!

 3月に入り、少しずつですが暖かくなってきていますね。

 就職・入園・入学とたくさんの方たちを見ていると

 応援したくなると同時に、

 自分も何か新しいことがしたい!という衝動に駆られました(*'ω'*)

 新しく始めるというのは楽しいことだけではないですが、

 何歳になっても何かに挑戦する気持ちを持ち続けていたいですね♪

 

  さて、今回は、ブラザーレナージュのミシン修理のご依頼です。

 24年前に発売された文字縫いの出来る高価なミシンです。 

 押しボタンスイッチを押しても全く動かず、モーター音も全く聞こえません。

 コンピューター基板の故障かモーター不良かコネクターの接続不良か、

 すぐ判断できないので一晩預からせていただき、分解してみることにしました。

 急ぎの品物があるというとこで、替わりのミシンを貸し出し、直るまで

 そちらのミシンを使ってもらうことにしました。

 

  分解してコネクターの接続状況を調べてみましたが、全く問題ありません。

 コンピューター基板が悪いかどうかについては、

 見た目では悪くなさそうに見えますが、これは全く動かない為、判断できません。

 モーターもテスターで調べたりしましたが特に悪くなさそうです。弱りましたね。

 

 ひょっとしたら、スイッチ基板の接点の酸化による被膜が原因かも?と考えましたが

 スタートスイッチ、返しボタンスイッチ、上下停針ボタンスイッチ、自動糸切りスイッチの

 4つのスイッチ全部が酸化被膜で動かないというのは、今までの経験から

 まず無かったことなので、普通なら4つの内、一つは動くはず…と思いました。

 しかし、もしそうならこのスイッチ基板の回路を通さなければ動くかも!…と

 フットコントローラーを使ってやってみました。

 「あ!動いた!」感動の瞬間といった感じでした。これなら直せると確信しました。

 ブラザーレナージュ01.JPG

 本来ならスイッチ基板を取り換えればOKなのですが、24年前のミシンなので

 部品が手に入りません。他の中古ミシンから部品どりが出来れば良いのですが

 あいにく同じ型のものはありません。

 なので、接点復帰処理をやってみました。時間はかかったのですが、

 バッチリOKとなりました。

 ブラザーレナージュ02.JPG

 あとは清掃クリーニング、各軸受などへの注油をして、

 ギヤーなどにグリスを塗布し、糸調整をして組み立てました。

 ブラザーレナージュ03.JPG

 翌日、お客様に修理完了したことをお電話すると、

 「うそ!信じられない」という答えが返って来ました。

 ミシンを引き取りに来られた際に、色々お聞きすると、

 当店に持ってこられる前に何軒か持っていったそうです。

 しかし、「コンピューターが悪いし、古いから部品がない」と、どこでも

 買換えをすすめられたとのこと。

 でも、当時20万円以上出して買った思い出のあるミシンなので

 諦めきれずにいたところ、たまたま当店のホームページを見つけ、

 多分直らないだろうと思いながらも遠方から持って来られたそうです。

 直すことが出来て私もとてもうれしかったです。

 

 メーカーさんの方は、製造年数が経過して部品が無くなった時点で、

 修理中止機種として受け付けていませんので、こんなこともありますから

 一応持ってきていただけたらと思います。

 直らない場合は、どんなに時間が掛かっても修理代は頂いておりません。

 遠慮なく、気軽にご相談下さい。