ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

ミシン修理ブログ第57回 ジャノメ Two in One バックしかしない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 2月に入り、街はバレンタイン色に染まってきましたね

 スーパーなどでもチョコレート類がお安いので私としては嬉しい限りです(笑)

 学生の時は友チョコなどもあり、バレンタインは一大イベントでしたが

 社会人になると、地元の友だちも県外に行ってしまっていたりして

 大量のチョコを作ることは無くなりました。

 それでもやはり、バレンタインはお菓子作りがしたいので、

 身近な人や家族に感謝を伝える日になっています(*‘∀‘)

 少し早いですが、皆さんにとって素敵なバレンタインになりますように。

 

  さて、今回は、ジャノメ  Two in One(コンビ2000と同型)の修理です。

 バックしかしなくなったということで、持ち込まれました。

 見てみると、前進・後退の切り替えがうまくいきません。

 お客様のお話によると、最初は前進も後退も上手く縫えていたが、

 固いものを無理して縫っていたら縫い目が小さくなって、

 そのうち、前にも後ろにも進まなくなったそうです。その後、切換レバーを

 ガチャガチャ動かしていたら、バックだけするようになったとのこと。

 その前からミシンの動きがすごく重いような感じだったそうです。

 しばらく使っていなかったとのことなので、多分固着気味だったのでしょう。

 

 お預かりして分解してみると、グリスなども固くなっており、

 油気も無くなっていました。何年も見てもらっていないとのことだったので

 分解掃除も含めてオーバーホールすることになりました。

 

 中の正逆切り替え駒が固まっているのだろうと思いましたが、違っていました。

 中の切替のところの六角ねじは弛んでいませんが、無理をしてレバーを押した為、

 ねじの部分が締まったまま、中のシャフトを傷つけて動いたようです。

 中のシャフトを抜いて、傷をやすりで削り取り、再度組み直して六角ねじを締めつけました。

 Two in One01.JPG

 縫い目も紙に針穴を開けながら、2.5mmなら4目で10mm、3mmなら4目で12mm

 というように、測定しやすい目盛りで縫い目の粗さも調整しました。

 Two in One02.JPG

 これで何とか修理完了です!

 Two in One03.JPG

 コンビ2000やTwo in Oneは、世界初の複合ミシンとして誕生しました。

 2本糸オーバーロックとジグザグミシンに切り替えができるということで

 かなり人気の高いミシンでした。

 30数年も前のミシンですが、今でもよく使われている1台2役の家庭用ミシンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第56回 エルナプレス サファイヤ 電源が入らない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 新年一発目の修理ブログです!今年も当店をよろしくお願い致します。

  話は変わりますが、今、風邪・インフルエンザが流行っていますね!

 職業柄、絶対にインフルエンザに罹れない方たちもいます。私の家には祖父もいるので

 特に気を付けて…と思っていたのですが、正月明け、気が抜けてしまったのか、

 風邪を引いてしまいました。幸い、熱もなく、検査もマイナスでインフルエンザでは

 無かったので一安心です…。しかし、抵抗力・免疫力が落ちている時は罹りやすいと言われているので

 手洗いうがい、そしてウイルス除去の文明の利器?(笑)を駆使しながら頑張りたいと思います☆

 

  さて、本題です。今回は、このブログにも何回か登場しています、エルナプレスの修理です。

 エルナプレス、サファイヤの電源が入らない、温度調節が出来ないということで、

 今回は東京の方から修理依頼がありました。

 「25年ほど前に、三越デパートで購入して重宝していたが、急に電源ランプがつかなくなってしまった。

 同じような品物があれば、ちょっと高価だが又購入したいと思い、色んなデパート・ネットで見てみたが

 どこにも売っておらず、修理を頼もうと説明書の電話番号にかけても、現在使われておりませんという

 アナウンスが流れるだけで困っていた」ということでした。たまたま当店のホームページを見つけ、

 ご覧になったそうで、お電話をいただきました。

 お客様には、「基板不良でなければ何とかなるとは思います。100%直ると保証は出来ませんが、

 送って頂いて分解してみてからご連絡します」とお伝えして送って頂きました。

 

  スイッチの焼損が原因かと思っていたのですが、分解してみると、基板に入るところの端子が

 焼けて周りが黒くなっています。また基板の一部も焼けてとけています。

 写真ではよくわからないと思いますが、基板の端子を裏側からハンダ付けし、そこから電源を

 つないでまたハンダ付けをして、溶けた基板の不良箇所を修復していきました。

 サファイヤ01.JPG

 これであとは基板に取り付けられている電子部品が悪くなければ電気が通じるはずと思い、

 電源を入れてみるとOKです。アイロン部が熱くなってきました。

  温度調節器の方は、25年以上も常に最高温度にしたままで使用されていた為、回転軸の方が油切れと

 熱で錆ついて固着していました。お客様が無理矢理力任せで温度調節器を回してしまわれたとのことで

 ギヤが飛んで壊れて空転している状態でした。元の方から直して、順番に新しいグリスを詰めながら

 組んでいきました。サーモスタットの温度と一番低い温度(薄地のナイロンや絹がプレス出来る)を設定し、

 その状態で電源が入ったり切れたりするように目盛りを合わせて組み込みました。

 サファイヤ02.JPG

 又、アイロン面に当たる木材の板の上に3㎜厚のコルク板を貼って完成となりました。

 実際にアイロンがけをしてみると快調です!

 サファイヤ03.JPG

 年末の仕事でしたので、12月中にお送りしたところ、喜んでいただけたようで、

 年賀状までいただきました。ありがとうございます!

 

  同じような症状でお困りの方、ミシンの修理・調整・購入、

 なんでも気軽にお問い合わせ下さい♪

 お電話お待ちしています(*'ω'*)

 

 

 

 

 

年末年始休業のお知らせ

 

 

 当店では、下記の日程が年末年始のお休みとなっております。

  

  平成30年12月30日(日)~平成31年1月3日(水) 

 

 平成31年1月4日より通常営業致します。

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第55回 ベビーロック BL-241 電気はつくけれど動かない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです。

 先週くらいから一気に寒くなりましたね~(´・ω・`)

 冷え症の私は、着こんでも着こんでも寒い気がしています…。

  先日、社長が日課のウォーキングに行った際、

 近くの公園に咲いていた桜を撮影して来てくださいました♪

 冬に桜?と思う方もいるかもしれませんが、秋から冬にかけて咲く桜があるそうです♪

 「ヒマラヤザクラ」という名前の桜だそうですよ~!

 桜0.jpg

 葉っぱは多いですが、やっぱり桜はいいですね('ω')

 少しだけ春気分を味わえました!お近くの方はぜひ見に行ってみて下さい(*'ω'*)

 

  さて、今回は、ベビーロック BL-241 の修理です。

 当店で修理をされたことのあるお客様から、

 「15年程前に購入した妹のロックミシンが動かなくなったので、10年程前に

 他店へ修理をお願いしたところ、部品が無いから直せないと言われ、購入をすすめられた。

 値段も高かったし、その時は買わず、故障したロックミシンも捨てられずにいた」とお問い合わせがありました。

 ロックミシンが使えない為、たち目かがりを使い、間に合わせていたそうです。

 今回、お姉さんのミシンが直ったというのを聞き、「私のロックミシンも直るかも!」と思い、

 お姉さんに頼み込んで、持って行って貰ったとのことでした。

 

  電球がつくため、最初はモーターのキャップが破損して中のカーボンブラシが飛び出して

 動かないのだろうと思い、モーターを点検しましたが問題ありません。

 BL-24101.JPG

 BL24と同型なので、安全装置は無いだろうと思っていましたが、カバーを取り外していくと

 前カバーの所に安全スイッチが付いていました。又、押え棒の安全スイッチもあり、

 合計2か所ついていました。よく見ると、両方の安全スイッチが、作動しない状態でゴミが固まり、

 電気が流れないOFFの状態になっていました。

 BL-24102.JPG

 この安全スイッチをよく掃除し、接点復帰処理をすると、動き始めました。

 私自身、こんな状態になっているのは初めて見ましたが、故障の仕方も原因もいろいろだなぁと

 改めて思いました。ロックミシンも10年程放置されていたので、固まってしまい、プーリーも

 回らなくなっていました。分解掃除して、オイルを注入し、グリスを駆動カムなどに塗布することで

 軽く動くようになりました。糸調子なども調整して、納品いたしました。

 BL-24103.JPG

 後日、妹さんから連絡があり、「捨てないでとっておいて良かった。病気と同じで、

 1軒のお医者さんにかかって諦めるより、何軒も回ってみることも必要ですね」と言っておられました。

 本当に直ってよかったです。

 同じような症状でお困りの方、ミシンの修理を諦めている方も、

 一度お問い合わせくださいね(*'ω'*)

 

 

 

ミシン修理ブログ第54回 ベビーロック 糸取物語 BL65 プーリーが回らない

 

 

  みなさん、こんにちは。スタッフです(*^-^*)

 秋になり、少し涼しくなったかなと思っていたら、

 いきなり夏の暑さになるという異常気象ですね。

 今年は台風や雨も多く、正直もうこれ以上降らなくていいと思っています。

 農作業も思うように進まず、天候に左右される作業の大変さを

 思い知っています。気温の変化が激しく、体調を崩しやすいので、

 風邪など気を付けて下さいね(*'ω'*)

 

  さて、今回は、ベビーロック 糸取物語 BL65の修理依頼です。

 10年ほど前に修理したお客様から、「何年も使わずに放っておいたら

 プーリーが全く回らなくなってしまった」とご連絡があり、持って来られました。

 

 お話をお聞きすると、以前修理してもらった時は良く使っていたけれど

 ここ数年は使うこともなく押し入れの中に眠らせていたとのこと。

 底板を外して、浸透性の高い潤滑スプレーを吹き付け、プーリーを

 回してもビクともしません。

 少し時間が掛かりそうだったので、一晩預からせていただくことにしました。

 ベビーロックBL6501.JPG

 カバーを全部分解して、軸受部分や摺動部にたっぷり潤滑スプレーを吹き付け、

 20~30分程経ってから、ゴムの鎚で、プーリーの奥側にあるバランスおもりを

 軽く叩きながら回すと、なんとか動きました。

 更に、ミシン油を軸受部などにたっぷり注油して、前後にプーリーを

 回しながら、バランスおもりを叩くと、ようやく手で回るくらいの状態に。

 空運転でモーターを回すと、まだ回転が重いので、

 モーターを回しながらミシン油を各部に注油していくと大分軽くなりました。

 ベビーロックBL6502.JPG

 しかし、モーターがかなり熱くなってきたので、焼き付かない様に

 しばらく休憩し、冷めてから再度、空運転しながらミシン油を注油。

 また熱くなってきたら冷ます。という作業を何度か繰り返しました。

 すると、軸受部から黒い錆と油が滲み出てきました。

 それをティッシュやウエスでふき取り、注油して又動かす。

 この作業を何度も繰り返すと、モーターが

 熱くならずに軽く回転するようになりました。

 修理自体は難しくないのですがとても根気のいる作業です。

 ベビーロックBL6503.JPG

 湿気の多い場所にミシンを置いている人は少ないと思いますが、

 最近は冬場に暖房を入れるので、ミシンに結露が出来て、

 水滴で錆びてしまうということもあるようです。

 時々ミシンを空運転でもして動かすと、このようなトラブルは防げると思います♪

 

 

ミシン修理ブログ第53回 エルナプレス レバーのハンドルが折れた

 

 

  皆さん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 もう9月も終わりですね。今月は先月に続き、何かと忙しく

 修理ブログの更新が遅くなってしまい、すみません。

 まだまだ暑い日もありますが、肌寒くなってきているので

 風邪など気を付けて下さいね(*'ω'*)

 

  さて、今回は何度もブログに登場しております、エルナプレスの修理です。

 スイス製 エルナプレス GENEVE2000 EP43 こちらのご依頼です。

 

  お話をお伺いすると、6年前にプレスの押えレバーのハンドルが折れてから

 使用していないとのことでした。

 高価なものだったので、捨てるには勿体ないし、購入したデパートに聞いても

 修理する会社がわからない、カタログに記載されている所に電話をかけても

 繋がらないので諦めていたそうです。

 それで、もう一度インターネットで調べて、当店にたどり着いたとのことでした。

 お電話の中で、折れたレバーも一緒に宅急便で送っていただいて、

 新しく作り替えるか、補修でいけるか、届いてから見積もりを出すことにしました。

 

 品物が届いてから見てみると、全体的にデザインが流線的になっており、

 スイッチ等も防水加工がされ、見た目もあか抜けた感じになっていました。

 しかし、折れた部分を見ると、力が入る部分なのにプラスチックで

 加工されており、鉄の芯棒が中に入っていません。鉄の芯棒が終わった所から

 ポッキリと折れていました。

 その為、折れた箇所から10cm奥の方までプラスチックを取り除き、

 芯棒だけにしました。そして、芯棒に4cmくらいの長ナットを取り付け、

 もう片方に建築金物のT型ネジを締付ました。

 更に、長ナットと芯棒に4か所通し穴を開けて、

 タップでネジを切り、弛まない様にネジを締付ました。

 エルナプレス01.JPG

 鉄芯のところは、シリコンホースを通してカバーにし、アイロンプレスの熱が

 作業者の身体に当たってもやけどをしないようにしました。

 手元の力を入れるハンドルは、T型金物の上部に木の柄をつけて

 握りやすく、力を入れやすいように加工しました。

 

 内部の電気回路も再度点検し、コネクターなども弛んで抜けない様に処置しました。

 アイロン台のスポンジセットの下は木の台だけでしたので、スポンジが無くてもいいように

 3㎜厚のコルククラフトを貼り付けました。

 エルナプレス02.JPG

 全部組み込んで、実際にプレスしてみると快調です。

 エルナプレスは首都圏で良く売れていたらしく、修理依頼はほとんどそちらからです。

 エルナプレス03.JPG

 同じような症状で悩んでいる方、ミシンの使い方がわからない、

 調子がおかしいなど、お困りのことがありましたら、

 お気軽にお問い合わせ下さいね♪

 

 

ミシン修理ブログ第52回 ブラザー BS300 布を送らない

 

 

  皆様、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 夏休みも後半に差し掛かりましたね。

 今年は、豪雨災害の影響で一足早く夏休みが終わった学校もあるようです。

 自然には逆らえないとはいえ、せっかくの夏休みが短くなってしまうのは

 とても悲しいものですね…

 

  さて、本題に入ります。

 お盆休み中に、男性の方から「ブラザーのミシンが電源は入るが

 布を送らない。どうしたら縫えるようになるか?」と問い合わせがありました。

 

 コンピューターミシンなら、パルスモーターや基盤の不良も考えられますが

 電子ミシンなら、多分前進後退の切り替え駒の固着の可能性があるので、

 ミシンの機種をお伺いすると、

 「連休中に使いたいから、とりあえず持って行くので見てほしい」と言って

 すぐに持って来られました。

 

 男性だからなのか、10年以上前に購入されたにも関わらず、

 使用感がなく、新品に近い状態のブラザーBS300でした。

 電子ミシンなので、前進後退の切り替え駒のグリスやサビの固着だと考え、

 一晩預からせて頂きました。

 

 分解してみると、やはり固着が原因でした。

 ブラザーBS38001.JPG

 ブラザーBS38002.JPG

 要らないグリスやサビを落とし、綺麗にしてから、

 再度オイルやグリスを塗布して組み立てました。

 

 今回のようなことは、ブラザーの電子ミシンに多いトラブルです。

 上糸と下糸の調子が良くないと言っておられたので

 下糸の入れ方が悪いのかもしれないと思いながら調べると

 調整器がかなり弱くなっていました。

 そちらも再度調整し、お渡ししました。

 ブラザーBS38003.JPG

 同じような症状でお困りの方、

 その他ミシンの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

(重要) お盆休みのお知らせ

 

 

 

 いつもありがとうございます。今年の当店のお盆休みは下記の日程となっております。

 期間中、電話でのお問い合わせは受け付けておりますので、

 御用のある方は、気軽にお電話下さい。

  2018731132659.png 

平成30年8月13日(月)~平成30年8月16日(木)

 

8月17日(金)からは通常営業致します。

 

 

 

 

  

 

 

ミシン修理ブログ第51回 泥水に浸水 電子ミシン ジャノメ 5810

 

 

  こんにちは。スタッフです。甚大な被害が出ております、豪雨災害。

 この度の大雨で被災された地域の皆様に心からお見舞い申し上げます。

 あれから一週間。「もう一週間」も経ってしまいました。

 日ごとに分かっていく、死者・行方不明者の人数と被害状況。

 どういう風に言葉にしていいか分かりません。

 私の地域は、滅多に災害のないところですが、

 その油断が本当に危ないんだと痛感するほど、恐怖を感じました。

 本当に油断大敵!備えをしていてもどうにもならない時はありますが

 それでも、しっかりと備えはしておきましょう!(*'ω'*)

 

  さて、今回の修理は、知り合いのミシン屋さんから持ち込まれた依頼です。

 「山田さん、床上浸水で水没したミシンでも、直せるかな?無理だよね…」

 と言って、ジャノメ モデル751型 5810を持って来られました。

 話を聞くと、この度の大雨で、家の中まであっという間に水が入り、

 2階に避難はしたものの、ミシンは持ち出せなかったというお客様から

 頼まれた修理という事です。

 「100%大丈夫とは言えないけど、電気のスイッチを入れてなければ

 なんとかなると思う」と答え、預かりました。

 

 今の電気部品は、基板なので、昔のようにリレーや真空管は使っておらず、

 集積回路です。泥水に浸かっても、早い時期であれば、基板を各部品ごとに分解し、

 水洗いして、圧縮空気で水分を飛ばし、完全に乾燥させればなんとかなります。

 モーターもカーボンブラシなどを外して、綺麗に水洗いし、完全に乾燥させてから

 モーターの軸受などに油を注してやれば使えるようになるはずです。

 ジャノメ58101.JPG 

 外側は、タオルでふいて来られたようですが、分解してみると、

 ミシンの中に泥水が沈殿して層になっています。

 モーターも外してみると、泥が付着していて名盤の字もほとんど見えません。

 ジャノメ58103.JPG

 本当に濁流に巻き込まれた様子がうかがえます。

 「大変だったんだろうな…」と感じると同時に、このミシンの持ち主である方の

 ミシンに対する愛着も感じます。

 ジャノメ58102.JPG 

 写真で見るように、ほとんど泥水で汚れていますので

 スイッチなども分解し、綺麗にして、接点が錆つかないように

 接点復活スプレーを吹きかけ、乾燥させます。

 リミットスイッチなどは、水が滲みこみますので、

 入念にエアーコンプレッサーで水分を吹き飛ばして乾燥させます。

 手間と時間が掛かりますが、本体の方の内部も全て流水と圧縮空気を使って

 泥を流し、完全に乾燥してから各部分へ注油します。

 ジャノメ58104.JPG

 そして、すべて組み込み完成です。音も動きも快調になりました。

 ジャノメ58106.JPG

 水に浸かっても、早い時期ならば、なんとか修理が出来ますが、

 あちこちに錆が出てきてからでは、修理が出来なくなってしまいます。

 一番注意して頂きたいのは、「絶対に通電しないこと」です。

 内部には、水分が残っていますので、感電したり、漏電などの思わぬ事故に繋がります。

 又、事故まではいかなくても、基板やモーターなどが

 ショートして全くの廃物になってしまいます。

 「ちょっと電気を入れてみた」というのは絶対にダメです!

 今回、水害に合われた方、特別価格で修理させて頂きます。

 「修理したけれど、直らなかった」という場合も当然あります。

 その場合は、直らない限り、お代は頂きませんので、お気軽にお電話くださいね♪

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第50回 ジャノメ マリーナ8 全く動かない

 

 

  みなさま、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 早いもので、6月もあっという間に半ばですね~

 私事ですが、田植えも終わり、ようやくひと段落しました。

 今年は、天候が良いのか何なのかわかりませんが、豊作の年ですね♪

 私の家でも近所でも野菜が沢山採れると、大喜びです!

 梅雨も丁度いい時期に来てますし、大変うれしく思っています(笑)

 皆さんの周りではどうでしょうか?

 

  さて、本題に入ります。今回の修理ブログは何と!!記念すべき50回目!

 1ヶ月に1回のペースですが、続けていけるように頑張りたいです(*‘∀‘)

 

  今月は、40年前のジャノメ マリーナ8の修理依頼です。

 「電気はつくが全く動かない。古いミシンだから直すのは無理ですよね…」

 と言って持って来られました。

 

 天板を分解してみると、はずみ車とシャフトのところに糸がガッチリと巻き込まれて

 下糸巻とシャフトの方へ回転切換をする金具が全く動かず、

 はずみ車が回転できないような状態でした。これが原因だったようです。

 ジャノメマリーナ801.JPG

 また、糸が巻きついた時に、コイルスプリングが伸び切ってしまい、

 このスプリングは使用できなくなっていました。

 

  メーカーさんにはこちらの部品はもう無いので、ピアノ線を巻いて新しく作り替えて

 組み込みました。そして、油やグリス等を注油し、試運転してみました。

 しかし、下糸巻と本縫いの切り替えがうまくいきません。

 

  はずみ車を分解してみると、切換レバーの中間位にある鉄のコロが

 古いグリスなどで少し粘っていました。その古いグリスや油分を取り除き、

 新たにミシン油を注油して組み立ててみましたが、まだ上手くいきません。

 ジャノメマリーナ802.JPG

  ジャノメの802等には、コロの所にコイルスプリングがついていたのを思い出し、

 細いピアノ線でコイルスプリングを作り、組み込んでみました。

 試運転してみると、結果が非常に良く、完成となりました。

 ジャノメマリーナ803.JPG

  お客様に修理が終わったことを報告すると、

 「あの古いミシンが直ったんですか?!」と驚かれていました。

 納品して実際に縫っていただくと、直線だけのミシンの為、簡単で

 使い勝手が良く、縫い目も綺麗なので、大変喜ばれました。

 お話をお聞きすると、直線専門である職業用ミシンを買おうかと迷っておられたようです。

 

 同じような症状でお悩みの方、ミシンの事でお困りの方、お気軽にお電話下さいね♪