ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

ミシン修理ブログ第60回 ジャノメ 7515 針が下に下がらない

 

  みなさま、こんにちは!スタッフです!

 ついに新しい時代が幕開けましたね(*^-^*)

 まだ実感も何もありませんが、祝日という事で小さな国旗を掲げてお祝いしています。

 令和元年.JPG

 令和という新たな時代がどんな時代になるのか、とても楽しみですね♪

 問題が山積みのまま、新しい時代になりましたが、

 平和でみんなが幸せを感じられる、豊かな時代になるといいなと思います(*'ω'*)

 当店も平成最後に新しい機器を導入し、新たなことに取り組み始めました。

 まだまだ色んなことに挑戦して頑張っていきたいと思っていますので、

 新しい時代も当店をどうぞよろしくお願い致します!

 

  さて、令和一発目の修理ブログは記念すべき60回でもあります。

 今回は、ジャノメ 7515の針が下がらないという事で、同業のミシン屋さんから

 ご依頼がありました。聞くと、学校に納品したミシンで、どうしても針が押えに

 当たって動かないとのことです。

 見てみると、確かに針が押えに当たっています。中心がずれたのかと思い、

 針棒支持体や振幅腕止めネジを見ても異常はなさそうです。

 ジグザグにして、針を左に寄せて下げると、針が下に降りる途中で右に

 持って行かれるので針穴の中に入りません。

 ジグザグの時、針を左に持って行くためのスプリングはついているようです。

 これはひょっとしたら、ステッチ切換のカム機構に異常があるのかもしれない

 と考え、預からせて頂きました。

 

 ミシンのカバーを全て外してカム機構台を調べてみましたが、異常はなさそうです。

 ジャノメ751502.JPG

 今まで、こういった故障で修理した経験は無かったので悩みました。

 動きの伝達系統を調べてみると、カム機構からくる振幅ロッドが変な動きをしています。

 よく見えない為、さらに色んな部品を外していくと、

 なんと!スプリングはついているのに、振幅ロッドが軸から外れています。

 ジャノメ751501.JPG

 振幅ロッドを外すには、スプリングバネを外さないといけませんし、

 生徒さんが外れたスプリングを取り付けたとは考えられません。

 おそらく、ミシンを組み立てる時に組み立ての順序を間違えたのでしょう。

 この状態では、振幅ロッドがスプリングの入る軸より上にあるので、

 ミシンの振動で外れる可能性は十分にあります。

 正規の順序で組み立ててやると、まずロッドが外れることは無さそうです。

 

 実際にミシンを動かしてみると、正常に動き、OKとなりましたが、

 針が定位置で止まりません。再度分解して、

 フォトセンサーが故障していないか、回路ケースの中の

 コネクター端子が外れていないかを確認しましたが問題はありません。

 

 同業のミシン屋さんにその旨を伝えると、「この学校は色んなミシンを

 使用しているので、縫えればいい」とのことでしたので、

 その状態でOKとなりました。

 ジャノメ751503.JPG

 今迄見てきた中で、新品で検査に通って来ているはずなのに、

 最初から釜ずれしているものや、布送りと針の落ちるタイミングが

 狂っているミシンもありましたので、こういう事もあるのかもしれません。

 新品だから大丈夫と過信しないことです。

 ミシンを購入した時からおかしかったら、購入した店舗にすぐに連絡し、

 新しい商品と交換してもらって下さいね(*'ω'*)

 

 

 

GW休業のお知らせ

 

 

 

当店のGW休業日は、下記の日程となっております。

*お電話でのお問い合わせはお休み中も受け付けておりますので

お気軽にご連絡下さい。

 

 令和元年5月3日(金)~5月5日(日)まで 

 

なお、5月6日(月)からは通常営業致します。

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第59回 ジャガー KM-571PW 直線しか縫えない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです。あっという間に4月も半ばに

 差し掛かっていますね。今年は暖かかったり、急に寒くなったりと

 寒暖の差があったおかげで、桜がまだ満開の状態です。

 私たちも4月の初めに姫路城までお花見に行ってきました!さすがは天下の姫路城!

 桜も綺麗でしたが、何よりお城が大変見応えのあるものでした(*^-^*)

 外は天気が良く暖かったのですが、お城の中は底冷えがする感じで…。

 昔の方は今よりもっと厳しい状況であの寒さに耐えていたのでしょうね( ;∀;)

 桜の時期は白とピンクのコントラストが綺麗なので行ったことのない方はぜひ!

 お花見01.jpg

 姫路城.JPG

 

  さて、今回の修理ブログは、ジャガー 電子ミシン KM-571PWです・

 ジグザグや裁ち目かがりをしていたら、急に直線縫いしか出来なくなったとのことで

 持ち込まれました。

 最初は、あまり使っておられなくて、固着で横振りしなくなったのかなと思い、

 電源を入れないで針棒を横に押すと軽く動きます。

 愛着のあるミシンということで、かなり使い込んでおられる様子。

 ミシン内部の故障と思われるので、一応お預かりして分解し、原因を調べ、

 部品が必要か、修理金額がいくらになるか、見積もりを出すことになりました。

 それによって修理するかどうか決められるとのことでした。

 

 分解するまでは、ステッチ切換カム機構のカムの異常だろうと考えていました。

 しかし、分解してみるとカムの異常ではなく、カムを回すための上軸ウォームギヤーの

 ネジが弛んで歯車から外れ、カム機構が動かなくなっているのが原因でした。

 KM-571PW01.JPG

 ウォームギヤーを正規の位置に戻し、止めネジ2か所をしっかり締めてスイッチを

 入れるとOKとなりました。

 KM-571PW02.JPG

 部品は特に必要なかったので、そのまま修理し、他の悪い所なども全て調整して

 清掃。更にグリスやオイルも注入してお渡ししました。

 KM-571PW03.JPG

 

 今回は、珍しい場所のネジの弛みによる故障という事で、ご紹介しました。

 故障の原因は、本当に色々あるものですね。

 

 

ミシン修理ブログ第58回 エルナプレス 電気はつくが熱くならない

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです。

 3月に入り、段々と春らしい気候になってきました。

 特に晴れた日は、日向ぼっこをしたくなるような暖かさですね(*'ω'*)

 3月と言えば卒業ですが、私の周りでも地元を離れていく友人がちらほら…。

 この年齢になると結婚の話題が多く、地元を離れる友人の多くは結婚です。

 結婚ラッシュなるものを今迄経験したことが無かったのですが、

 今年、初めてのラッシュになりそうです。結婚もラッシュならば出産もラッシュに

 なるのだろうと何となく今から覚悟をしている私です(笑)

 

  さて、今回の修理ブログはおなじみになってきました、エルナプレスです!

 川崎市にお住いの方から、「ホームページを見ました。私のアイロンプレスも

 修理して頂けませんか」とお問い合わせがありました。

 どんな状態なのかをお聞きすると、「20年ほど前に購入した物で、電源は入るし、

 ランプは点灯して、操作する面はきちんと動くのに熱くならない」とのこと。

 お話の内容から、中の電子基板が悪くなっているな~という印象でしたので、

 エルナプレスもかなりハイテクになっているのだなと感じました。

 

 最近の電子基板は、集積回路を使用しているので、場合によっては直らない可能性が

 あることをお伝えしたうえで送って頂きました。今まで送って頂いたエルナプレスは、

 100%直って送り返せていましたが、今回は無理かもしれないと思いました。

 

 送って頂いたエルナプレスを見ると、いかにもハイテクという感じでした。

 今まで修理したものと違い、操作面もスイッチや温度調整器が見当たらず、

 流線的で、かなり洗練されたデザインになっています。

 

 分解したり組み立てたりする時のネジ類も見受けられず、最近のミシン同様、

 組み立てるのは簡単ですが、分解するのは難しそうです。

 なんとか分解してみると、思った通り操作部の制御用の電子基板と

 ヒーターなどにつながるメイン基板の2枚しかありません。

 操作部の制御用電子基板は問題がありませんが、メイン基板の方が

 全く反応してくれません。テスターであちこち測定しても、

 どの部分が悪いのか全然わかりません。

 eruna02.JPG

 本来なら、部品さえ手に入れば新しい電子基板に交換してOKとなるのですが、

 スイス製でしかも20年以上前の製品となると仮に日本に代理店があっても

「部品がありません」と言われるのが当然だろうなと考えていました。

 

 通電したまま基板をつついていたら、瞬間的ですがアイロン面が温かくなりました。

 これはメイン基板のどこが悪いかを探せれば何とか直せる!と確信しました。

 翌日、通電したままテスターで調べていたら、基板の裏面で火花が飛びました。

 早速、コード端子を全て外して、メイン基板の取付ネジを外し、裏面を見てみると

 大型トランジスターの3本足の内1本が、きちんとハンダ付けされていません。

 原因がわかりました。

 eruna01.JPG

 その部分をハンダ付けして、再度基盤を取り付け、通電してみました。

 すると、アイロン面が熱くなってきました。電気回路はこれでOKです。

 

 本体内の綿ぼこりを圧縮空気で吹き飛ばし、外した外装部分は丸洗いして

 汚れを取り除いて乾燥させました。

 更に、木のアイロン台に3mm厚のコルクを取り付けて組み立てました。

 

 実際に試運転をしてみると、低温・中温・高温と上手く温度も切り替わります。

 長くアイロン面をアイロン台に接触させておくと、ピーピーと警報音も鳴ります。

 これで完成と言いたいところですが、使用中に押えレバーを上げると、

 その都度押えレバーのロック用スライダーが勝手に動いてしまいます。

 これでは使いづらいので、0.3mm程の厚みの合成樹脂の薄板をスライダーの裏面に

 貼り付けると、ちょうどいい動きになりました。これで完成です。

 eruna03.JPG

 今まで、エルナプレスの修理は全て修理内容が異なります。

 その為、時間もかかり、採算的には合いませんが、頭の体操になりますし、

 なによりお客様に喜んでいただけるのが嬉しいので続けるつもりです。

 

 お困りの時は、まずお電話でお気軽にお問い合わせ下さい(*'ω'*)

 

 

ミシン修理ブログ第57回 ジャノメ Two in One バックしかしない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 2月に入り、街はバレンタイン色に染まってきましたね

 スーパーなどでもチョコレート類がお安いので私としては嬉しい限りです(笑)

 学生の時は友チョコなどもあり、バレンタインは一大イベントでしたが

 社会人になると、地元の友だちも県外に行ってしまっていたりして

 大量のチョコを作ることは無くなりました。

 それでもやはり、バレンタインはお菓子作りがしたいので、

 身近な人や家族に感謝を伝える日になっています(*‘∀‘)

 少し早いですが、皆さんにとって素敵なバレンタインになりますように。

 

  さて、今回は、ジャノメ  Two in One(コンビ2000と同型)の修理です。

 バックしかしなくなったということで、持ち込まれました。

 見てみると、前進・後退の切り替えがうまくいきません。

 お客様のお話によると、最初は前進も後退も上手く縫えていたが、

 固いものを無理して縫っていたら縫い目が小さくなって、

 そのうち、前にも後ろにも進まなくなったそうです。その後、切換レバーを

 ガチャガチャ動かしていたら、バックだけするようになったとのこと。

 その前からミシンの動きがすごく重いような感じだったそうです。

 しばらく使っていなかったとのことなので、多分固着気味だったのでしょう。

 

 お預かりして分解してみると、グリスなども固くなっており、

 油気も無くなっていました。何年も見てもらっていないとのことだったので

 分解掃除も含めてオーバーホールすることになりました。

 

 中の正逆切り替え駒が固まっているのだろうと思いましたが、違っていました。

 中の切替のところの六角ねじは弛んでいませんが、無理をしてレバーを押した為、

 ねじの部分が締まったまま、中のシャフトを傷つけて動いたようです。

 中のシャフトを抜いて、傷をやすりで削り取り、再度組み直して六角ねじを締めつけました。

 Two in One01.JPG

 縫い目も紙に針穴を開けながら、2.5mmなら4目で10mm、3mmなら4目で12mm

 というように、測定しやすい目盛りで縫い目の粗さも調整しました。

 Two in One02.JPG

 これで何とか修理完了です!

 Two in One03.JPG

 コンビ2000やTwo in Oneは、世界初の複合ミシンとして誕生しました。

 2本糸オーバーロックとジグザグミシンに切り替えができるということで

 かなり人気の高いミシンでした。

 30数年も前のミシンですが、今でもよく使われている1台2役の家庭用ミシンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第56回 エルナプレス サファイヤ 電源が入らない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 新年一発目の修理ブログです!今年も当店をよろしくお願い致します。

  話は変わりますが、今、風邪・インフルエンザが流行っていますね!

 職業柄、絶対にインフルエンザに罹れない方たちもいます。私の家には祖父もいるので

 特に気を付けて…と思っていたのですが、正月明け、気が抜けてしまったのか、

 風邪を引いてしまいました。幸い、熱もなく、検査もマイナスでインフルエンザでは

 無かったので一安心です…。しかし、抵抗力・免疫力が落ちている時は罹りやすいと言われているので

 手洗いうがい、そしてウイルス除去の文明の利器?(笑)を駆使しながら頑張りたいと思います☆

 

  さて、本題です。今回は、このブログにも何回か登場しています、エルナプレスの修理です。

 エルナプレス、サファイヤの電源が入らない、温度調節が出来ないということで、

 今回は東京の方から修理依頼がありました。

 「25年ほど前に、三越デパートで購入して重宝していたが、急に電源ランプがつかなくなってしまった。

 同じような品物があれば、ちょっと高価だが又購入したいと思い、色んなデパート・ネットで見てみたが

 どこにも売っておらず、修理を頼もうと説明書の電話番号にかけても、現在使われておりませんという

 アナウンスが流れるだけで困っていた」ということでした。たまたま当店のホームページを見つけ、

 ご覧になったそうで、お電話をいただきました。

 お客様には、「基板不良でなければ何とかなるとは思います。100%直ると保証は出来ませんが、

 送って頂いて分解してみてからご連絡します」とお伝えして送って頂きました。

 

  スイッチの焼損が原因かと思っていたのですが、分解してみると、基板に入るところの端子が

 焼けて周りが黒くなっています。また基板の一部も焼けてとけています。

 写真ではよくわからないと思いますが、基板の端子を裏側からハンダ付けし、そこから電源を

 つないでまたハンダ付けをして、溶けた基板の不良箇所を修復していきました。

 サファイヤ01.JPG

 これであとは基板に取り付けられている電子部品が悪くなければ電気が通じるはずと思い、

 電源を入れてみるとOKです。アイロン部が熱くなってきました。

  温度調節器の方は、25年以上も常に最高温度にしたままで使用されていた為、回転軸の方が油切れと

 熱で錆ついて固着していました。お客様が無理矢理力任せで温度調節器を回してしまわれたとのことで

 ギヤが飛んで壊れて空転している状態でした。元の方から直して、順番に新しいグリスを詰めながら

 組んでいきました。サーモスタットの温度と一番低い温度(薄地のナイロンや絹がプレス出来る)を設定し、

 その状態で電源が入ったり切れたりするように目盛りを合わせて組み込みました。

 サファイヤ02.JPG

 又、アイロン面に当たる木材の板の上に3㎜厚のコルク板を貼って完成となりました。

 実際にアイロンがけをしてみると快調です!

 サファイヤ03.JPG

 年末の仕事でしたので、12月中にお送りしたところ、喜んでいただけたようで、

 年賀状までいただきました。ありがとうございます!

 

  同じような症状でお困りの方、ミシンの修理・調整・購入、

 なんでも気軽にお問い合わせ下さい♪

 お電話お待ちしています(*'ω'*)

 

 

 

 

 

年末年始休業のお知らせ

 

 

 当店では、下記の日程が年末年始のお休みとなっております。

  

  平成30年12月30日(日)~平成31年1月3日(水) 

 

 平成31年1月4日より通常営業致します。

 

 

 

 

 

 

ミシン修理ブログ第55回 ベビーロック BL-241 電気はつくけれど動かない

 

 

  みなさん、こんにちは!スタッフです。

 先週くらいから一気に寒くなりましたね~(´・ω・`)

 冷え症の私は、着こんでも着こんでも寒い気がしています…。

  先日、社長が日課のウォーキングに行った際、

 近くの公園に咲いていた桜を撮影して来てくださいました♪

 冬に桜?と思う方もいるかもしれませんが、秋から冬にかけて咲く桜があるそうです♪

 「ヒマラヤザクラ」という名前の桜だそうですよ~!

 桜0.jpg

 葉っぱは多いですが、やっぱり桜はいいですね('ω')

 少しだけ春気分を味わえました!お近くの方はぜひ見に行ってみて下さい(*'ω'*)

 

  さて、今回は、ベビーロック BL-241 の修理です。

 当店で修理をされたことのあるお客様から、

 「15年程前に購入した妹のロックミシンが動かなくなったので、10年程前に

 他店へ修理をお願いしたところ、部品が無いから直せないと言われ、購入をすすめられた。

 値段も高かったし、その時は買わず、故障したロックミシンも捨てられずにいた」とお問い合わせがありました。

 ロックミシンが使えない為、たち目かがりを使い、間に合わせていたそうです。

 今回、お姉さんのミシンが直ったというのを聞き、「私のロックミシンも直るかも!」と思い、

 お姉さんに頼み込んで、持って行って貰ったとのことでした。

 

  電球がつくため、最初はモーターのキャップが破損して中のカーボンブラシが飛び出して

 動かないのだろうと思い、モーターを点検しましたが問題ありません。

 BL-24101.JPG

 BL24と同型なので、安全装置は無いだろうと思っていましたが、カバーを取り外していくと

 前カバーの所に安全スイッチが付いていました。又、押え棒の安全スイッチもあり、

 合計2か所ついていました。よく見ると、両方の安全スイッチが、作動しない状態でゴミが固まり、

 電気が流れないOFFの状態になっていました。

 BL-24102.JPG

 この安全スイッチをよく掃除し、接点復帰処理をすると、動き始めました。

 私自身、こんな状態になっているのは初めて見ましたが、故障の仕方も原因もいろいろだなぁと

 改めて思いました。ロックミシンも10年程放置されていたので、固まってしまい、プーリーも

 回らなくなっていました。分解掃除して、オイルを注入し、グリスを駆動カムなどに塗布することで

 軽く動くようになりました。糸調子なども調整して、納品いたしました。

 BL-24103.JPG

 後日、妹さんから連絡があり、「捨てないでとっておいて良かった。病気と同じで、

 1軒のお医者さんにかかって諦めるより、何軒も回ってみることも必要ですね」と言っておられました。

 本当に直ってよかったです。

 同じような症状でお困りの方、ミシンの修理を諦めている方も、

 一度お問い合わせくださいね(*'ω'*)

 

 

 

ミシン修理ブログ第54回 ベビーロック 糸取物語 BL65 プーリーが回らない

 

 

  みなさん、こんにちは。スタッフです(*^-^*)

 秋になり、少し涼しくなったかなと思っていたら、

 いきなり夏の暑さになるという異常気象ですね。

 今年は台風や雨も多く、正直もうこれ以上降らなくていいと思っています。

 農作業も思うように進まず、天候に左右される作業の大変さを

 思い知っています。気温の変化が激しく、体調を崩しやすいので、

 風邪など気を付けて下さいね(*'ω'*)

 

  さて、今回は、ベビーロック 糸取物語 BL65の修理依頼です。

 10年ほど前に修理したお客様から、「何年も使わずに放っておいたら

 プーリーが全く回らなくなってしまった」とご連絡があり、持って来られました。

 

 お話をお聞きすると、以前修理してもらった時は良く使っていたけれど

 ここ数年は使うこともなく押し入れの中に眠らせていたとのこと。

 底板を外して、浸透性の高い潤滑スプレーを吹き付け、プーリーを

 回してもビクともしません。

 少し時間が掛かりそうだったので、一晩預からせていただくことにしました。

 ベビーロックBL6501.JPG

 カバーを全部分解して、軸受部分や摺動部にたっぷり潤滑スプレーを吹き付け、

 20~30分程経ってから、ゴムの鎚で、プーリーの奥側にあるバランスおもりを

 軽く叩きながら回すと、なんとか動きました。

 更に、ミシン油を軸受部などにたっぷり注油して、前後にプーリーを

 回しながら、バランスおもりを叩くと、ようやく手で回るくらいの状態に。

 空運転でモーターを回すと、まだ回転が重いので、

 モーターを回しながらミシン油を各部に注油していくと大分軽くなりました。

 ベビーロックBL6502.JPG

 しかし、モーターがかなり熱くなってきたので、焼き付かない様に

 しばらく休憩し、冷めてから再度、空運転しながらミシン油を注油。

 また熱くなってきたら冷ます。という作業を何度か繰り返しました。

 すると、軸受部から黒い錆と油が滲み出てきました。

 それをティッシュやウエスでふき取り、注油して又動かす。

 この作業を何度も繰り返すと、モーターが

 熱くならずに軽く回転するようになりました。

 修理自体は難しくないのですがとても根気のいる作業です。

 ベビーロックBL6503.JPG

 湿気の多い場所にミシンを置いている人は少ないと思いますが、

 最近は冬場に暖房を入れるので、ミシンに結露が出来て、

 水滴で錆びてしまうということもあるようです。

 時々ミシンを空運転でもして動かすと、このようなトラブルは防げると思います♪

 

 

ミシン修理ブログ第53回 エルナプレス レバーのハンドルが折れた

 

 

  皆さん、こんにちは!スタッフです(*^-^*)

 もう9月も終わりですね。今月は先月に続き、何かと忙しく

 修理ブログの更新が遅くなってしまい、すみません。

 まだまだ暑い日もありますが、肌寒くなってきているので

 風邪など気を付けて下さいね(*'ω'*)

 

  さて、今回は何度もブログに登場しております、エルナプレスの修理です。

 スイス製 エルナプレス GENEVE2000 EP43 こちらのご依頼です。

 

  お話をお伺いすると、6年前にプレスの押えレバーのハンドルが折れてから

 使用していないとのことでした。

 高価なものだったので、捨てるには勿体ないし、購入したデパートに聞いても

 修理する会社がわからない、カタログに記載されている所に電話をかけても

 繋がらないので諦めていたそうです。

 それで、もう一度インターネットで調べて、当店にたどり着いたとのことでした。

 お電話の中で、折れたレバーも一緒に宅急便で送っていただいて、

 新しく作り替えるか、補修でいけるか、届いてから見積もりを出すことにしました。

 

 品物が届いてから見てみると、全体的にデザインが流線的になっており、

 スイッチ等も防水加工がされ、見た目もあか抜けた感じになっていました。

 しかし、折れた部分を見ると、力が入る部分なのにプラスチックで

 加工されており、鉄の芯棒が中に入っていません。鉄の芯棒が終わった所から

 ポッキリと折れていました。

 その為、折れた箇所から10cm奥の方までプラスチックを取り除き、

 芯棒だけにしました。そして、芯棒に4cmくらいの長ナットを取り付け、

 もう片方に建築金物のT型ネジを締付ました。

 更に、長ナットと芯棒に4か所通し穴を開けて、

 タップでネジを切り、弛まない様にネジを締付ました。

 エルナプレス01.JPG

 鉄芯のところは、シリコンホースを通してカバーにし、アイロンプレスの熱が

 作業者の身体に当たってもやけどをしないようにしました。

 手元の力を入れるハンドルは、T型金物の上部に木の柄をつけて

 握りやすく、力を入れやすいように加工しました。

 

 内部の電気回路も再度点検し、コネクターなども弛んで抜けない様に処置しました。

 アイロン台のスポンジセットの下は木の台だけでしたので、スポンジが無くてもいいように

 3㎜厚のコルククラフトを貼り付けました。

 エルナプレス02.JPG

 全部組み込んで、実際にプレスしてみると快調です。

 エルナプレスは首都圏で良く売れていたらしく、修理依頼はほとんどそちらからです。

 エルナプレス03.JPG

 同じような症状で悩んでいる方、ミシンの使い方がわからない、

 調子がおかしいなど、お困りのことがありましたら、

 お気軽にお問い合わせ下さいね♪