ホーム>スタッフブログ>ミシン修理>ミシン修理ブログ第63回 ベビーロック 糸取物語 糸が通らない
ミシン修理

ミシン修理ブログ第63回 ベビーロック 糸取物語 糸が通らない

 

 

  皆さん、こんにちは!スタッフです(^^)/

 毎日、厳しい暑さが続いておりますが、体調崩されていませんか?

 熱中症患者の数が多く、恐怖を感じております。

 特に!普段からあまり水分を取らない方は要注意です!

 積極的に水分・塩分・ミネラルを補給し、夏野菜をしっかり食べて

 暑さに負けず、夏を乗り切りましょう!(*'ω'*)

 

  さて、今回はまた遠方(滋賀県)の方からのご依頼です。

 ベビーロック 糸取物語BL-660FEXが、パイプを連結してエアーポンプを動かしても

 糸が通らないとお電話がありました。お話をお聞きすると、

 空気は流れているが下ルーパーの糸が途中で詰まってしまい、

 最後まで綺麗に糸が通らないとのこと。簡単なつまりであれば、付属のワイヤーを

 糸の差込口から差し込んで通して貰えば取れますよとお伝えしましたが、

 途中でワイヤーが止まってしまい入って行かず、ご主人のギターの弦で試してみても

 やはり無理とのことでした。

 その状態では、分解して下ルーパーを取り外してから修理しないといけないと判断し、

 送って頂くことにしました。

 

 翌日の午前中にはロックミシンが届きました。試合用の衣装を作っており、お急ぎとのこと

 でしたので、すぐに修理に取り掛かりました。

 分解してみると、やはり下ルーパーとエアーパイプの連結部のゴムチューブ部分に

 赤いウーリー糸の結び目が団子状に固まって出て来ました。

 BL066FEX01.JPG

 それを取り除き、再度ルーパー部を慎重に組み立て、試しにエアーパイプを連結して

 糸を通してみました。勢いよく糸が飛び出し、OKとなりました。

 BL-660FEX02.JPG

 しかし、下ルーパーを分解したので、上ルーパーとのタイミングと針のタイミング、

 針とルーパーの隙間調整などをきちんとしないと目飛びしてしまいますので、

 それもきちんと調整しました。また、ミシン内部清掃、グリスやオイルの注油なども

 しっかりとした上で試運転し、完成です。

 BL-660FEX03.JPG

 届いたその日の夕方には無事宅配業者さんに持ち込むことが出来ました。

 お客様にご連絡すると、大変喜んで頂けたので良かったと思います(*'ω'*)

 部品の交換も必要なかったので、運送料含め一万円程での仕上がりとなりました!

 同じような症状でお困りの方、ミシンの修理をどこへ頼んだらいいのかわからない方など

 お気軽にお電話ください!(^^)!

 持ち込みの場合、その場で直ることもあります♪

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.all-misin.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/96